離乳食も回数が増えて食べる量が多くなると、

下ごしらえや調理が大変!!

と感じること、ありませんか?
少しでも手間が減らせる食材があると心強いものですよね。

ママ
すぐに使える食材って何があるかな?
大人用なら“ちくわ”が便利なんだけど…
先輩ママ
そうそう!
ちくわってそのまま食べてもおいしいし、色々アレンジもできて使い勝手がいいですよね♪
ママ
離乳食でも使えるの?
先輩ママ
気になりますよね。
ちくわは加工されたものなので、離乳食に取り入れる際には注意したいポイントがあるんですよ。

 

ちくわは魚肉の加工品
魚そのものとは味も、形も違いますよね。
その個性を活かしつつ、やはり離乳食期に合った対応が必要となります。

そこで今回は離乳食期のちくわについて、

  • いつから食べられるの?
  • 与える時の注意点は?
  • 冷凍保存できるの?

といった疑問にお答えしたいと思います。

先輩ママ
かまぼこやはんぺんについても紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪
スポンサーリンク

離乳食でちくわはいつから?

ママ
赤ちゃんにちくわはいつから食べさせてもいいの?
先輩ママ
離乳食後期(9~11ヶ月)以降が目安となりますよ1)
ママ
なぜその時期なの?
先輩ママ
ズバリ加工食品だからです。
詳しくみていきましょう!

離乳食 ちくわ

 

ちくわは魚(主にスケトウダラ)のすり身に塩や調味料を加えてねり、成型して焼いた加工品。
スケトウダラそのものはマダラと同じく白身魚なので、離乳食初期から食べさせることができます。

原料そのものは初期からでもOKですが、ちくわとなると話は別。
なぜなら、ちくわには塩分や糖分、添加物が含まれているからなんですよ。

また、ちくわには弾力性がありますよね。
プリプリとした食感は大人にとっては魅力的ですが、赤ちゃんには食べにくいことも…。

これらの理由から、

  • 調味料が使えるようになる
  • 歯ぐきでカミカミできるようになる

 

離乳食後期(9~11ヶ月)頃がちくわを食べさせてもよい目安となります。

ただし、調味料がOKになる時期とはいえまだまだ風味づけ程度の段階なので、与える量は少量をこころがけましょう!
食べやすい大きさにするのも忘れずに。

その他のねり製品は?

ママ
じゃあ、ちくわ以外のねり製品はどうなの?
先輩ママ
色々種類がありますが、これらも離乳食後期頃が目安になりますよ。

ちくわ以外にもねり製品は、

  • かまぼこ
  • はんぺん
  • カニカマ
  • さつま揚げ
  • 伊達巻
  • つみれ

など、たくさんありますよね。
それぞれ独特な食感をもち、簡単な調理で食べられる加工品です。

離乳食 ちくわ

多くの種類がありますが、その作り方はちくわとほぼ同じ2)
加える調味料や成型の仕方、加熱の方法の違いによってその特徴がうまれています。

そのため、ちくわと同じ離乳食後期頃を目安にするといいですね。
ただし、

  • はんぺんには卵白、伊達巻には卵が入っているのでアレルギーに注意
  • さつま揚げは油で揚げてあるので1歳以降がオススメ

 

となります。
ちくわやかまぼこでも卵白を使用した製品があるのでパッケージの表示を確認しましょう!

ママ
ちくわぶはねり製品じゃないの?
先輩ママ
ちくわぶとちくわはまったくの別物。
小麦粉からできています。

離乳食 ちくわ

ちくわぶは関西ではあまり知られていませんが、関東ではおでんの具としてメジャーな食材。
ちくわと名前や形が似ていますが、こちらは小麦粉からできています。
小麦にアレルギーがなければ、離乳食中期頃からうどんのように食べさせることができますよ。


スポンサーリンク

ねり製品を与える時の注意点は?

ねり製品は生鮮食品と比べると、塩分や添加物がどうしても多くなってしまいます。
また、弾力性もあるので赤ちゃんにとっては食べにくい場合もあります。

先輩ママ
ねり製品を与える際にはこんなポイントに注意してみましょう!
  • たまに少量を使う程度に
  • 小さく刻んで湯通ししてから与える

 

湯通しは小さく刻んだ後、熱湯で数分ゆでてあげましょう。
ゆでることで塩分や油分を落とし、食感も少しやわらかくなります。

離乳食 ちくわ

湯通ししたねり製品は、スープやうどんの具にしたり、ゆでた野菜と和えたりするのがオススメ♪

先輩ママ
私はちくわをお好み焼きの具に使っていました!
湯通ししても塩味は残っているので、味付けしなくてもOK。
お気に入りの一品でしたよ。

 

大人のように手軽にねり製品を食べられるようになるのは幼児食が進んだ頃になりますが、ひと手間加えてあげることで赤ちゃんでも楽しむことができます。

また、魚にアレルギーがある場合でもねり製品なら食べられることも…。

魚の主なアレルゲンは“パルブアルブミン”というたんぱく質。
魚の種類による構造の違いは少なく、魚アレルギーの人は多くの魚に反応することがあります。
白身魚・赤身魚・青背魚など、色によるアレルゲン性の違いもありません。

しかし、ねり製品では原料となるすり身の“水さらし”工程で、水溶性であるパルブアルブミンの大部分が溶出します3)
低アレルゲン化されているので、食べられる可能性があるということなんですよ。
(すべての人にアレルギー症状が出ないということではないので、必ず医師と相談してください。)

先輩ママ
ねり製品の個性を理解して、離乳食にうまく取り入れていけるといいですね♪

 

 

冷凍保存はできる?

ママ
冷凍保存はできるの?
先輩ママ
下ごしらえしてストックしておくと便利ですよ♪

ちくわなどの練り製品は冷凍保存もOK
離乳食用に下ごしらえしたものを小分けしてストックしておきましょう。

冷凍保存の仕方
  1. 食べやすい大きさに刻み、熱湯で数分ゆでる
  2. 粗熱をとる
  3. 小分けしてラップで包み、フリーザーバックなどで保存する

 

離乳食 ちくわ

先輩ママ
ちくわなら1本を4回分に小分けしておくと使い勝手がいいですよ。
離乳食の進み具合に合わせて、量も調節してくださいね。

 

冷凍したものは1~2週間を目安に使い切りましょう!
レンジ解凍がオススメです。

 

この食材はいつから?とお悩みの場合はこちら→【保存版】離乳食のいつからまとめ!食材別で見つけやすい

 

参考:1)食物アレルギーをこわがらないはじめての離乳食 (主婦の友社 2015年12月発行) 2)紀文 練りものができるまで

3)日本調理科学会誌 Vol.44 ,No.4 ,306~309(2011) P308

最後に

離乳食も段階が進むにつれて食べる回数や量が増えてきます。
少しでも調理の手間を軽減してくれる食材があると助かりますよね。

ちくわのようなねり製品は魚肉をすりつぶしてできているので、魚を気軽に取り入れることができますよ。
ただし、離乳食期に合った対応が必要となります。

ねり製品を取り入れる際のポイント
  • 取り入れる目安は離乳食後期(9~11ヶ月)以降
  • はんぺんや伊達巻には卵が使用されているのでアレルギーに注意
  • さつま揚げは揚げ物なので1歳以降がオススメ
  • 塩分や糖分、調味料が含まれているので少量をこころがける
  • 食べやすい大きさに刻み、熱湯で数分ゆがいてから与える

 

湯通ししたねり製品は冷凍保存もOK!
小分けしてストックしておけば、“ちょっと具が足りないな~”という時にも大助かりですよ。

先輩ママ
色々アレンジもしやすいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
スポンサーリンク

関連記事はこちら