折り紙の定番中の定番のユニットですが、たくさんの折り紙を使うため、難しく感じがちですよね。しかし、飾っていても可愛く、プレゼントしても「おぉ~すごい!」と喜ばれる一品だと思います。

今回は薗部式ユニットを分かりやすく画像で順を追ってご説明します。動画もあるので簡単にできる折り方です。

Sponsored Link

折り紙で薗部式ユニット立方体を作ろう!

ママ
ユニットっていうと難しそうなんですが、作って入院中の祖母にプレゼントしたいと思っています。簡単にできる作り方を教えてください。
先輩ママ
薗部式ユニットの折り方をご紹介します。

STEP①折り紙を12枚用意する

yunitto

折り紙を12枚用意しましょう。

STEP②半分の長方形に折る

yunitto

半分の長方形に折りましょう。

STEP③開く

yunitto

折り目をつけて開きましょう。

STEP④折り目に合わせて半分に折る

yunitto

折り目に合わせて半分に折りましょう。

STEP⑤反対も同様に折る

yunitto

反対も同様に、折り目に合わせて半分に折りましょう。

STEP⑥④を開いて左側の角を折る

yunitto

④を開いて左側の角を三角に折りましょう。

STEP⑦④のように折る

yunitto

④のように半分に折りましょう。

STEP⑧ひっくり返し⑥と同じように左角を折る

yunitto

ひっくり返し、⑥と同じように左角を三角に折りましょう。

STEP⑨⑦のように折る

yunitto

⑦のように半分に折りましょう。

STEP⑩右角を奥の線に合わせて三角に折る

yunitto

開いて、右の角を奥の線に合わせて三角に折りましょう。

STEP⑪開いた部分を閉じる

yunitto

⑩で開いた部分を閉じましょう。

STEP⑫ひっくり返し、⑩と同じように折り、中に入れ込む

yunitto

ひっくり返し、右角を⑩と同じように折り、かぶさった部分に入れ込みましょう。

STEP⑬右の開いてる部分を内側に折りこむ

yunitto

右の開いてる部分を内側に中心に合わせて三角に折りこみましょう。

STEP⑭⑬で折った部分を内側に折り返す

yunitto

⑬で折った部分を真ん中の線に合わせ、折り返しましょう。

STEP⑮反対も⑬⑭同様に折る

yunitto

反対側も開いてる部分を⑬⑭と同じように、内側に折り、真ん中の線に合わせ表に折り返しましょう。

STEP⑯裏返す

yunitto

裏返しましょう。

STEP⑰角に合わせて折る

yunitto

角に合わせて折りましょう。

STEP⑱反対も同様に

yunitto

反対も同様に角に合わせて折りましょう。

STEP⑲裏返す

yunitto

裏返しましょう。

STEP⑳半分に折る

yunitto

⑲の面が内側になるよう半分に折りましょう。

STEP㉑このような形になる

yunitto

このような形になります。

STEP㉒他の11枚、②~⑳を繰り返す

yunitto

先輩ママ
②~⑳を繰り返し、同じ物を12個用意しましょう。

STEP㉓角をもう1個の隙間に入れる

yunitto

角を別なもう1個の隙間に入れていきましょう。

STEP㉔入れ込んで四角になるようにする

yunitto

入れ込んだ部分が四角になるようにしましょう。

STEP㉕㉓のもう一方の隙間に新たな折り紙の角を入れていく

yunitto

㉓のもう一方の隙間に新たな折り紙の角を入れていきましょう。

STEP㉖1つの面に2つの折り紙が入るようにする

yunitto

1つの面に2つの折り紙が入るようにしましょう。

STEP㉗1つの面に2つの折り紙が入るよう、どんどん入れていく

yunitto

1つの面に2つの折り紙の角が入るよう、どんどん入れていきましょう。

STEP㉘このようになる

yunitto

このようになっていきます。

STEP㉙完成

yunitto

完成です。

関連記事)折り紙でかわいいお花を作ろう!沢山折るとブーケに!(動画有り)

先輩ママ
色々な色や柄の折り紙を組み合わせるときれいでしょう。

Sponsored Link

 

{動画}折り紙で園部式ユニットを折ろう!

「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」

ママ
かわいいですね。難しそうに感じてましたが、私でもなんとかできそうです。ありがとうございました。

関連記事)折り紙で立体の花の折り方!動画で簡単にできます

関連記事)折り紙で作るラッピング!テトラ折りの作り方!

最後に

いかがでしたでしょうか?難しそうに感じるユニットですが、同じ物を12個組み合わせるだけなので、やってみたらけっこう簡単です。

しかし出来上がりは、高度な技術が要求されそうな立派な出来になるので、プレゼントすると喜ばれるでしょう。ぜひ挑戦してみて下さい。

 

Sponsored Link


関連記事はこちら