プルプル食感に、ツルンとしたのどごしがおいしいゼリー
種類も豊富で、子供から大人まで人気のある食べものですよね♡

あんつぶ
やわらかく、甘味のあるゼリーは離乳食期にもオススメ!
ママ
えっ、赤ちゃんでも食べられるの!?
あんつぶ
もちろんOK!
ただし、目安時期や気をつけたいポイントがあるので知っておくといいですよ♪

 

ゼリーは離乳食期でも食べられますが、何でもOKという訳ではありません。
赤ちゃんの成長・発達に合ったものを選んであげたいものですよね。
離乳食期だからこそ気をつけたいポイントもあります!

そこで今回は、

  • 目安時期や気をつけたいポイント
  • ゼリーの役割
  • オススメの市販ゼリー

などについて紹介したいと思います!
実際に手作りしたレシピも載せているので、参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

赤ちゃんにゼリーはいつから?気をつけたいポイントは?

ママ
ゼリーはいつから食べさせてもいいの?
あんつぶ
離乳食後期頃が目安ですよ。

3回食をスタートする離乳食後期頃(9~11ヶ月)を目安として与えてあげましょう。
“ゼリーはやわらかいし、もっと早い時期からでも…”と感じるかもしれませんが、

  • 消化機能が整ってくる
  • 歯ぐきでカミカミし始める

といった後期頃がオススメの時期となります。

あんつぶ
その理由はゼリーの材料に関係しているんですよ!

ゼリーは水分(主に果汁)に寒天ゼラチンを加えて凝固させたもの。
この寒天とゼラチン、水分を固めるという点では同じはたらきなんですが、全く異なる材料からできています。

 

寒天:テングサやオゴノリなどの海藻
ゼラチン:牛や豚の骨や皮に含まれているコラーゲン(たんぱく質の一種)

 

そのため、食感や特性にも違いがみられます。

 

寒天 ゼラチン
食感 ほろっと崩れなめらか プルンとやわらかい
特性 体温では溶けず、歯切れがよい

透明感や弾力性はない

体温で溶けるので口どけがよい

弾力性がある

 

注目したいのはゼラチンの原材料がたんぱく質であること。
アレルギーの原因になる可能性があります1

あんつぶ
ゼラチンは食べることにも慣れ、消化器官がしっかり整った1歳以降に与えると安心ですよ。

寒天は海藻からできているのでアレルギーの心配はありません。
ただし、体温では溶けないので固さや大きさには注意が必要です。

あんつぶ
赤ちゃんが歯ぐきでカミカミできるようになると心強いですね。

こういった理由から、はじめてのゼリーは離乳食後期頃がオススメです。


スポンサーリンク

こんなシーンで大活躍!ゼリーの役割とは?

ママ
どんな時にゼリーをあげるといいですか?
あんつぶ
デザートやおやつとして出してあげましょう。
野菜を使ったゼリーは副菜にもなりますよ♪

甘味のあるゼリーはデザートやおやつにぴったり!
いつもと違った食感で楽しみながら食べられます。

野菜が入ったゼリーは副菜となることも♪
人参やかぼちゃ、トマトなどがオススメです。

また、こんなシーンでも活躍してくれますよ!

  • 食欲がない時の栄養補給
  • 口やのどが痛い時の水分補給
  • 便秘がちな時の食物繊維補給(寒天ゼリーの場合)

 

冷たくてのどごしがよいゼリーは食欲がない時や、口やのどに痛みがある時でも食べやすい食材のひとつ。
栄養や水分を補給する手助けとなってくれます。

さらに、寒天でできたゼリーは食物繊維が豊富なので、便秘の改善に役立ちますよ。

あんつぶ
様々なシーンで活躍が期待できるゼリー、離乳食にうまく取り入れてみてくださいね。

手作りレシピ~粉寒天で作ってみました~

ママ
私も離乳食にゼリーを取り入れてみようかな?
オススメのゼリーはありますか?
あんつぶ
ゼリーは意外と簡単に作れるんですよ!
手作りレシピを3つ紹介しますね♡

離乳食後期頃から食べられる寒天を使ったゼリーです。
寒天はふやかす手間がいらない“粉寒天”を使いました。
とっても簡単にできますよ!

りんごゼリー

材料(小さめのカップ2個分)
  • りんご  50g
  • 水     150cc
  • 粉寒天   小さじ1/4

 

  1. りんごは皮をむいていちょう切りにする
  2. 鍋にりんごと水を入れて蓋をし、やわらかくなるまで煮る
  3. 粉寒天を入れ、よく混ぜながら一煮立ちさせて火を止める
  4. 裏ごしする(大体つぶせたらOK)
  5. カップに移し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めて完成

 

あんつぶ
りんごの甘さのみのやさしい味のゼリー!
少し固めです。

ミルクゼリー

材料(小さめのカップ2個分)
  • 牛乳    150cc
  • 水     50cc
  • 砂糖    小さじ1
  • 粉寒天   小さじ1/4

 

  1. 牛乳を量り、常温に戻しておく
  2. 鍋に水、粉寒天、砂糖を入れて混ぜ、火にかける
  3. 沸騰したら牛乳を加え、火を止める
  4. カップに移し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めて完成
あんつぶ
ポイントは牛乳を最後に入れること。
牛乳の甘味とやわらかい食感がおいしいミルクゼリーです!

人参とかぼちゃのゼリー

材料(小さめのカップ2個分)
  • 人参     40g
  • かぼちゃ 20g
  • 砂糖     小さじ1
  • 粉寒天    小さじ1/4

 

  1. 人参とかぼちゃは皮をむいて薄く切る
  2. 鍋に人参・かぼちゃと水、砂糖を入れて蓋をし、やわらかくなるまで煮る
  3. 粉寒天を入れ、よく混ぜながら一煮立ちさせて火を止める
  4. 裏ごしする(大体つぶせたらOK)
  5. カップに移し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めて完成

あんつぶ
野菜がたっぷり入ったやわらかめのゼリーです。

使う材料によって固さや食感は若干変わります。
また、野菜スープやダシで煮ると違った味のゼリーが楽しめるので色々アレンジしてみてくださいね♪

寒天が思ったより固くなったり、赤ちゃんが食べにくそうであれば、スプーンで小さくつぶしてから与えます。
のどに詰まらないように注意してあげましょう。

市販ゼリーのオススメは?

あんつぶ
毎回手作りだとちょっぴり大変…。
そんな時は市販のゼリーもオススメですよ。

最近では赤ちゃん用のゼリーもたくさん売られてますよね。
手作りが大変な時は市販されているものも利用するといいですよ。

ただし注意したポイントが2つ。

  • 固さを確認する
  • 原材料をチェックする

 

赤ちゃん用として売られているものにはありませんが、こんにゃくゼリーのように固いものはもちろんNG。
味見をするなど、成長に合った固さのゼリーを選んであげましょう!

また、原材料のチェックも大切です。
アレルギーの確認を含め、添加物にも配慮できると安心ですね。

あんつぶ
1歳頃からの商品が多いようです。

 

果汁と果肉が入ったフルーツジュレでプルプルした食感が特徴。
寒天やゼラチンではなく、ゲル化剤(増粘多糖類)によって固められています。

 

ゼリー飲料となっており、パックのまま飲める商品。
寒天とゲル化剤(増粘多糖類)によって固められています。

あんつぶ
どちらもゲル化剤(増粘多糖類)が使われていますね。

増粘多糖類は主に藻類から抽出したカラギーナン、マメ科の種子から抽出したローカストビーンガムからできたもの。
寒天とゼラチンの間くらいのプルッとした独特の食感があります。

市販のゼリーでは手作りのように材料や固さを吟味することはできませんが、

  • 衛生的に持ち運びできる
  • 保存が可能

といった利点もあります。
上手に使い分けてみるといいですね。

 

1)ゼラチンアレルギー概説 日本ゼラチン工業組合

最後に

独特の食感とのどごしを持つゼリーは離乳食後期頃から取り入れることができます。
固さや材料に気を配りながら試してみましょう。

 

知っておきたいゼリーのポイント
  • ゼラチンは動物性のたんぱく質からできており、アレルギーの原因になる可能性がある
    1歳以降に与えるのがオススメ
  • 寒天は海藻を原料とし、ゼラチンほど弾力性はない
    固さや大きさに注意が必要
  • デザートやおやつとしての位置づけだが、材料によっては副菜にもなる
  • 食欲がない時などの栄養・水分補給になる
  • 寒天ゼリーは食物繊維が豊富なので便秘にもよい
  • 市販のゼリーを選ぶ際は固さや材料をチェックする

 

今回は簡単にできる手作りレシピも紹介しました!
材料を変えてみたり、スープで煮てみたりとアレンジもできるので、色々試してみてくださいね♪

あんつぶ

スポンサーリンク

関連記事はこちら