子供の骨はまだ細く、ひょんなことから骨折してしまう場合も多いと思います。ただ、子供の骨折はきちんと完治させておかないと、骨が曲がってついてしまったり後々長期障害が残ってしまうこともあります。

うちの子供は2歳の頃に骨折し、2か月病院に通院しました。そんな経験を踏まえ、子供の骨折をきちんと完治させるまでの期間や、リハビリ内容などをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

子供の骨折 部位別リハビリ内容とは?

ちゃあ
うちの子も骨折した際、2週間おきにレントゲン骨がまっすぐつながっているか確認したりしつつ、とにかくきちんと完治させるまでに気を遣いました。

kossetu

手首

手をついたりして、上からの圧力などによって骨折することの多い手首の骨折は、きちんと整復してギブスで固定して治療します。

手首のリハビリは、硬くなってしまった手首を柔らかくほぐすことが主になります。手首の筋肉を取り戻すため、腕や手首を伸ばしたり、回したり、肩付近から腕、手首を動かす運動をします。

痛みを伴うこともありますが、リハビリが遅くなれば遅くなるほど回復も遅くなりますので、早期リハビリが大切です。

関連記事)子供が手首を骨折、治療方法は?

鉄棒や遊具など、高い所から落ちて肘や手をついた時に骨折することの多い肘の骨折は、湾曲変化が起きた時や整復が難しい場合にはギブスだけでの完治は難しく、手術も必要になります。

レントゲンで骨がくっついたことが確認でき、ギブズが外れたら、筋力をつけるため、二の腕を胸に近付ける運動や、手を開いて力を込めて握ったり緩めたりのリハビリが主になってきます。

最終的には、元のように腕を肩の位置まで上げたり近づけたりできるようになるまで続きます。

足の骨折の場合、松葉杖などを使ってギブス期間は足を使わないため、筋力が衰えます。なので、リハビリではその筋力回復することが主になってきます。

まず、少しずつ足に体重をかけるリハビリから開始しますが、いきなり体重をかけすぎると再び骨折する場合もありますので、ゆっくりと進めていきます。

とにかくゆっくりと様子を見ながらリハビリを進めていくことが大切で、子供は動けるようになったらすぐに他の友達と走り回って遊びたくなりますが、そこを無理すると回復に時間がかかることがありますので、担当の医師と相談しつつ言われたことを守ることが大事になります。

 

ちゃあ
うちの子は2歳の時に、二段ベットから落ち、手をついたことによる腕の骨折で、とにかく定期的に腕がまっすぐついているかの確認をし、ギブスが外れたら、ゆっくりとおもちゃを持つ練習から始めました。小さい子の場合は思うようにリハビリが出来ない場合もあり、その場合は医師のアドバイスを聞き、日常生活の中で親がリハビリをさせていくことが大切です。

Sponsored Link

完治までどれくらいかかる?

rentogen

子供は大人と違い、骨膜が丈夫で厚く、骨の中に空洞があり柔軟性が高く回復が早いと言われています。

しかし、最低でもギブスが取れるまで短くても約2週間~6週間ほどはかかります。ギブスが取れたからといって完治ではありません。これは骨が硬化するまでの期間であって、その後機能を回復させるため、徐々にリハビリを開始し、完治までは更にギブスをはめていた期間と同じくらいのリハビリ期間があり、完治までは4週間~12週間くらいかかります。

ですが、これはあくまでも目安で、骨折した部位や状態などによっても変わり、手術をした際などはもっと完治までに時間がかかる場合もあります。

ちゃあ
うちの子の場合は、ギブスが外れるまでに1か月。その後、なかなか言う事をきいてくれずリハビリがうまく進まず、完全に元通りになるまで2か月ちょっとかかりました。

治りが遅い原因は?

治りが遅い原因として考えられるのは、うまく整復位が保たれていなかったり、血行不良が考えられます。その他、骨折部に筋膜や筋肉、あるいは他の組織が入り込んでいたりして治りがおくれることもあります。

また、小さい子の場合はうまくリハビリができなかったり、甘えてしまって自ら骨折した箇所を動かそうとしなかったり、回復が遅れる場合もあります。

関連記事)

kodomo ashi

最後に

  • ギブスが取れたら、ゆっくり筋力を回復するリハビリが必要
  • リハビリに焦りや無理は禁物
  • ギブスが取れるまでに2週間~6週間、更に同じくらいのリハビリ期間は必要
  • 治りが遅い原因は整復位がうまく保たれていなかったり、血行不良、骨折部に他の組織が入り込んでいる場合もある
  • 小さい子の場合はリハビリがうまくできないと、回復が遅れる

いかがでしたでしょうか?子供は大人より回復が早いとはいえ、リハビリがうまくできないと、それだけ回復も遅れます。

また、子供の骨のくっつくのが早いが故、曲がってくっつかないように、頻繁に病院に通い、医師に確認してもらわないと、後々成長過程で後遺症が残ることもあるので、自己判断はしないようにしましょう。

byちゃあ

Sponsored Link


関連記事はこちら