刺繍は何通りもの縫い方があり、難しそうに思われるかもしれませんが、コツさえつかめば、繰り返しの作業になるため、子供の入園入学グッズ名前付けアップリケにもおすすめです。

初心者でも安心動画や画像で、ステッチ別、刺繍のやり方を分かりやすく解説したいと思います。

今回ご紹介するステッチ
  • ランニングステッチ
  • スレデッドランニングステッチ
  • 巻きつけスレデッドランニングステッチ
  • バックステッチ、スレッドバックステッチ

Sponsored Link

目次

刺繍をする時に必要な材料

  • 刺繍糸
  • 刺繍枠
ママ Aさん
刺繍をしたことのない私でも出来ますでしょうか?
先輩ママ Bさん
もちろんです。ステッチ別縫い方を分かりやすくご説明致します。

関連記事)幼稚園の入園準備に!刺繍で名前付け 初心者でも動画でばっちり!

刺繍のやり方 (ランニングステッチ)

STEP①布を刺繍枠に挟む

ランニングステッチ スタート

布をピンと張るように刺繍枠に挟みます。

こうすることによって布によれが歪みがなくなり、縫いやすくなります。

STEP②玉止めして縫い始める

ランニングステッチ ①

玉止めしたら、裏から糸を通していきましょう。

STEP③2.3mmずつ針をさす

ランニングステッチ ②

2.3mmずつ針をさしていきます。

(裏から見たところです)

STEP④2.3mmずつ針を進める

ランニングステッチ ③

とにかく、2.3mmずつ等間隔で針を進めていきます。

針を出したら→2.3mm先に針をさす→(裏も同様)2.3mm先に針をさす。

STEP⑤繰り返し

ランニングステッチ 完成

④の繰り返しになります。

これがランニングステッチです。

縫い幅を広げたり縮めたり、縫い幅で見た目も変わってきます。

Sponsored Link

刺繍のやり方(スレデッドランニングステッチ)

STEP①ランニングステッチからスレデッドランニングステッチ

ランニングステッチからステッドランニングステッチ

ランニングステッチの2.3mmの縫い目の中心から針を出します。

STEP②手前の糸に針をくぐらせる

スレデッドランニングステッチ

①の針を、手前のランニングステッチの糸にくぐらせましょう。

STEP③くぐらせた針をまた次の糸にくぐらせる

スレデッドランニングステッチ③

②のようにくぐらせた針をまた次の糸の間にくぐらせていきます。

S字になるように、下からくぐらせたら、次は上から、上からくぐらせたら、次は下から・・・という風にしていきましょう。

STEP④縫い終わりは糸の下に差し込む

スレデッドランニングステッチ④

③の作業を繰り返し、縫い終わりは糸の下(2.3.mm幅の中心)に差し込みましょう。

STEP⑤完成

スレデッドランニングステッチ 完成

ランニングステッチの糸の下にくぐらせていき、スレデッドランニングステッチの完成です。

刺繍のやり方(巻き付けランニングステッチ)

STEP①ランニングステッチから巻き付けランニングステッチ

巻き付けスレデッドステッチ

まずは基本のランニングステッチをした後、巻き付けランニングステッチを始めます。

STEP②糸の間から針を出し、次の糸の間に針を通す

巻き付けスレデッドステッチ

スレデッドステッチ同様、2.3mm幅の糸の中心から最初は針を出し、次の糸の間にくぐらせていきます。

ここまではスレデッドステッチと一緒です。

STEP③スレデッドランニングステッチと巻き付けランニングステッチの違い

巻き付けスレデッドランニングステッチ

S字に糸を通していったスレデッドランニングステッチと違い、巻き付けランニングステッチは、上から針を通したら、次も上から針を通して巻き付けるようにしていくとこです。

STEP④巻き付けランニングステッチの完成

巻き付きスレデッドランニングステッチ 完成

③を繰り返していけば、巻き付けランニングステッチの完成です。

刺繍のやり方(バックステッチ)

STEP①さし始め

バックステッチ スタート

さし始めは、他の刺繍と違い、縫いたい場所の2.3mm先から針を出します。

(黄色い糸でご説明します)

STEP②後ろに針をさす

バックステッチ①

スタートした位置より2.3mm後ろ(縫い始めにしたい場所)に次の針をさします。

STEP③2.3mm先に針をさし、2.3mm後ろにさす

バックステッチ②

バックステッチの名前の通り、2.3mm先にさし、2.3mm後に戻ってさす。

この繰り返しの作業になります。

STEP④バックステッチ完成

バックステッチ 出来上がり

③の一歩進んで一歩下がる動きを繰り返し、完成です。

刺繍のやり方(スレデッドバックステッチ)

STEP①バックステッチからスレデッドバックステッチ

バックステッチからスレデッド

バックステッチの1針目の間から針を出します。

STEP②糸の間に下から針を通す

バックスレデッド①

バックステッチの、1個先の糸の間にしたから針を通しましょう。

STEP③次の糸の間に上から糸を通す

バックスレデッドステッチ②

下から通した②の針を次の糸の上から通しましょう。

STEP④繰り返し、完成

バックスレデッドステッチ 完成

スレデッドステッチと同じ要領で、S字になるように、下から上上から下と繰り返し糸を通していき、完成です。

刺繍のやり方(巻き付けバックステッチ)

STEP①バックステッチの初めの糸の間から針を出す

巻き付けバックステッチ①

バックステッチの初めの糸の間から針を出しましょう。

STEP②次の糸の上から下へ通していく

巻き付けバックステッチ②

次の糸の上から下へ通し、次も上から下へと繰り返します。

要領は巻き込みランニングステッチと一緒です。

STEP③巻き付けバックステッチ完成

巻き付けバックステッチ③

②の作業を繰り返し、完成です。

[動画]「手芸」基本の刺繡の縫い方(ステッチの練習)

先輩ママ Bさん
動画もご覧ください。とてもわかりやすいですよ。

「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」

先輩ママ Bさん
基本のステッチさえ覚えたら、簡単です。何度も練習してマスターしてください。

関連記事)レッスンバックの作り方(裏地あり)!幼稚園に!

最後に

基本のステッチさえ覚えたら、スレデッドランニングとスレデッドバックステッチ巻き付けランニングステッチと巻き付けバックステッチ、要領は一緒でも出来上がりの見た目は違うため、簡単に使い分け(縫い分け)ができると思います。幼稚園や保育園グッズなどにちょっと刺繍を施し、個性を出して可愛く仕上げましょう。

ママ Aさん
ありがとうございました。難しいと思い込んでた刺繍ですが、これなら初心者の私でも出来そうです。

関連記事)上履き入れの簡単な作り方!幼稚園でも使えます

Sponsored Link


関連記事はこちら