無題

友達ママ
寝かしつけに2時間…もう!いつになったら一人で寝てくれるの!!
うちの子どもは2歳になる前から一人で寝ているよ~!

 

友達ママにとっても驚かれました💦

「早すぎない?愛情不足で将来心配じゃない??」

とまで言われてしまいました。え~~、そうなの・・・??だってお互いぐっすり寝られるから別々でちょうどいいんだけどな~。と思ったものの、愛情不足などと言われてしまうと気になってしまいます。

そこで今回は何歳から1人で寝るのがいいのか、1人寝デビューが遅くなると大変という噂は本当なのか、徹底リサーチ!

  • 何歳から寝かせる?
  • ポイントは?

など1人寝させたいけどどうすれば??とお悩みのママに1人で寝かせるためのポイントも大盛りですよ~!!!go!go!

Sponsored Link

子供は何歳から一人で寝るべき?

日本では7~9歳で別々に寝始める家庭が約四割!次いで5~6歳という統計が出ています!
欧米では生まれてすぐや、遅くとも1~2歳ごろには1人寝をさせるのが一般的です。

Baby, Sleep

友達ママ
ちょっとばらつきがあるのね。一体何歳からねかせるのが正しいの?

イギリスの研究者によると、子どもは最低3歳までは母親と一緒のベッドで寝るべきとのこと。そうすることによって後に反抗期や非行を防ぐ鍵になるんですって!

小さい子供は、

  • 母親と別々に寝ると睡眠の質が低下
  • 母親の体から離れていると睡眠のリズムが乱れやすくなる
  • 睡眠の質が低下すると、脳の発達に悪影響!
  • 将来の問題行動のきっかけになる

などなど様々な意見や報告があります。母親と一緒に眠ることによって子どもが感じるストレスは激減し、安心して眠れるって事なんですね!

じゃぁ、う、うちの子非行まっしぐらなんじゃ・・・

大丈夫!!両親との時間が日中ずっと一緒に過ごしているなどたっぷりとれているのであれば、早い段階で一人寝をさせても平気なんです。

友達ママ
スキンシップが昼間十分とれていれば、子どもは安心して離れられるのね。

逆に、昼間お仕事などで親子の時間が十分に取れない場合は、夜、一緒に寝る時間はスキンシップを取れる大事な時間ということになります。

Sponsored Link

大きくなると苦労するってホント?

イライラ 子供

友達ママ
うちの子7歳だけど、まだ一緒に寝ているの。今更べつべつにできるのかしら・・・

母親と一緒に寝ることに慣れている時間が長くなればなるほど、1人で寝ることへの抵抗は大きくなります。

小さいうちから慣れていればなんにも疑問に思わずにすんなり寝ることができますが、大きくなると感性も発達してきます。

暗闇におばけがいるようで怖くなったり、別室にいるママの声が楽しそうで寝られなくなったり。

ある研究では大きくなるまで一緒に寝た子どもは甘えが抑制できず自己中心でわがままな子になりがち、という結果も。

大きくなってくるにつれ、一緒に寝るのもきゅうくつになってきますし、ママの睡眠不足にもつながる恐れがありますね。

関連記事)子供が寝なくてイライラ!寝ない原因は親にあった?

子供を一人で寝かせるポイント6つ!

大人が眠れない夜、明日もあるんだから寝よう・・・と眠るために無理にでも目をつぶるように、子どもも1人で眠るためにはテクニックが必要です。ここではそんなポイントを6つ、ご紹介していきますね!

  • 子どもの布団を用意する
  • 音や光を遮断する
  • 睡眠時を決める
  • 昼間沢山遊ばせる
  • 寝る前の儀式を決める
  • 一緒に眠る相棒を決める
子どもの布団を用意する

いきなりはい、今日から1人で寝てね、といっても子供はわかりましたとは言ってくれませんよね。なので、段階的に1人で寝るということを理解してもらうようにします。

まず、一緒のふとんで寝ていたママは、子供用に新しく布団を用意します。子供用でも、大人と同じサイズでも構いません。子供が寝たくなるような、子どもの好きなキャラクターのシーツや布団を用意してあげるのもいいでしょう。

寝かせたい部屋に布団を準備して、泣くようなら初めはママもそばに横になってもOK。ただし寝た後は部屋を出ましょう。これが自分の布団で、じぶんはここで寝るんだということが理解できればいいと思います。

関連記事)ネントレの方法!いつから始める?泣かせる?泣かせない?

音や光はダメ!!

寂しいだろうからと音が出る人形や音楽が流れるオルゴール、光るおもちゃなどと一緒に寝かせようとするのは逆効果

音は楽しくなって目がさえてしまいます。光を放つものは、興奮してしまう場合があります。「おやすみ」と目を見て安心させたあとは、電気を消しましょう。

でも、暗いのが怖い~という子どもたちもいますので、豆電球などは点けておいてあげても大丈夫です。外が明るい場合にはカーテンを開けたまま寝かせるのもアリですね。

カーテンといえば遮光カーテンは朝日が入らなくて寝起きが悪くなりやすいんです!

子ども部屋には使わないことをおすすめします♪

大人も朝日を浴びることによって体内時計がリセットされています。子どもの生活のリズムを整えるためにも朝日は浴びるように工夫してあげましょう!

ce9563e6864c5ee0b1c5d7d7ea26bf58_s

就寝時間を決めること

なるべく毎日同じ生活リズムにし、就寝時間を決めましょう。それと同じく、起床時間も合わせ、起きたらすぐに朝日を浴びさせて体内時計をリセットさせます。

日中遊ばせてクタクタにさせる、お昼寝時間を調整する

ママにとってはちょっと辛いことかもしれませんし、底なしのスタミナを持つ子供もいますので何とも言えませんが(笑)日中体を使っておくと、疲れて眠りやすくなると思います。

と同時に、お昼寝時間を早め、午後の起床時間を長めにするようにすると、眠くなりやすいです。どんなに遅くても午後四時前にはお昼寝からおこし、体を動かす遊びをしましょう。

寝る前までの準備タイムを作り、毎日同じ順序で行う

眠る前に、毎日同じ「儀式」をすることによってこれから眠るんだな~という心づもりをさせます。

歯磨きをして、トイレに行って、本を一冊読んで・・・というように、毎日同じ順序で同じことをしてあげると、これから眠るんだな、と気持ち面で準備ができます。

寝るときに一緒の、『お友達』を用意

一緒にベッドへ入る“相棒”を作りましょう。うちはぬいぐるみを枕もとにありったけ並べたり、だっこさせたりして一緒に寝かせていました。

525a8336c1e66c0953fab891f578243f_s

だんだん子供もお気に入りのぬいぐるみができてきて、

「今日はこのこと寝る~!!」なんて言い出すようになりました。

関連記事)寝かしつけ絵本のおすすめ!おやすみロジャーの実力は?

まとめ

さて、ちょっと整理してみたいと思います。何歳から1人で寝るのがいいのか、大きくなると1人寝は難しいのかの答えは。。。

  • 何歳から1人で寝たほうがいいという明確な基準はない
  • しかし大きくなると精神面も発達しているので離れるのが大変になる

 

1人寝させるためのポイント6つ

  • 子どもの布団を用意する
  • 音や光は遮断する
  • 日中沢山体を動かす
  • 就寝時間を一定にする、生活リズムを整える
  • 入眠儀式を決める
  • いっしょに寝るお友達を用意する

 

すぐにでもできそうなことばかりで、今日からでも実践できそうですよね!とはいえ、住宅環境など色々な制約もあるので、臨機応変にその家庭にあった方法を見つけていくのが一番です。

どんな方法であれ、子どもが自分から1人で寝る!と言える環境をつくってあげることが大切ですね。

そして、「まだママと寝たい!!」と言われた時には、何年かしかない貴重な時間だと割り切って一緒に寝てあげられたら素敵です。

是非参考にしてみてください!

Sponsored Link


関連記事はこちら