ECCジュニアに通わせたいと思ってるんだけど、月謝やそのほかにかかる料金ってトータルどれくらいなんだろ?

 

親が子供にさせたい習い事のトップ3に、近年毎年ランクインしているのは『スイミング』、『ピアノ』、そして今回トピックとして取り上げている『英語・英会話』です。

 

子供に英語を習わせようとするときに、親御さんがまず悩むのが教室選びですよね。

 

有名大手から個人経営の小規模教室まで、選択肢が山ほどある英会話スクールから、どこの教室にしようかと親御さんたちが悩むとき候補に挙がってくるのは、こども英会話教室の代表格の1つ『ECCジュニア』ではないでしょうか?

 

そして教室の候補が決まったら、次に気になるのはやはりお月謝や教材費という金銭面ですよね?

 

そこで今回は、ECCジュニアのホームティーチャー経験をもつ私が、

 

  • ECCジュニアの月謝と教材費
  • 割引特典はあるの?
  • 支払方法は現金?クレジット?

 

という、多くの親御さんが気になるポイントを詳しく説明させていただきます。

わざわざ教室まで足を運んで説明を受けなくても金銭面に関してはバッチリご理解いただけるはずです!

…とはいっても、教室の雰囲気や先生とお子さんの相性をチェックするために、必ず無料体験レッスンには参加してくださいね♪)

さて、それではさっそく月謝と教材費についてから説明していきましょう。


ECCジュニアの月謝はいくらくらい?教材費は別にかかる?

ECCジュニアのコースには、

  • 英会話のみの『スタンダードコース』
  • 知育や読み書きをプラスした『スーパーラーニングコース』

があります。

それら2つのコースに分けて説明しますね。

 

ECCジュニアでは、月謝と教材費は別になります。

 

年度初めの入学申込み時には、

  • 4月分の月謝
  • 1年分の教材セット(スクールバッグ含)
  • 入学金
  • 検定料

 

以上の支払いが必要となります。

検定料って?

検定とは『ECC全国児童英検』というECC独自の英語検定を受験するための料金のことです。

2・3歳児クラスのみ検定はありませんが、それ以上のクラスを受講する場合は、全員受験をしなければなりません。

それでは、コース別に料金の説明をしていきましょう。

英語

2・3歳児クラス

スタンダードコース(週1回40分)のみ。
月謝:6,480円、教材費:16,450円、入学金:5,400円ですので、入学申込み時点でのトータルは⇒28,330円になります。

4・5歳児クラス

  • スタンダードコース(週1回40分)
    月謝は6,480円、教材費は19,540円、検定料2,160円、入学金は5,400円でトータルは⇒33,580円になります。

 

  • スーパーラーニングコース(教室により週1回80分または週2回40分・40分の場合があります)
    月謝:10,800円、教材費:29,620円、検定料*:2,160円、入学金:5,400円でトータルは⇒47,620円になります。

小学校低学年クラス(1・2・3年生)

  • スタンダードコース(週1回60分)
    月謝:は6,480円、教材費:19,540円、検定料:2,160円、入学金:5,400円で、トータルは⇒33,580円になります。

 

  • スーパーラーニングコース(教室により週1回100分と週2回で60分・40分の場合があります)
    月謝は10,800円、教材費は29,620円、検定料2,160円、入学金は5,400円でトータルは⇒47,620円になります。

小学校高学年クラス

  • スタンダードコース(週1回60分)
    月謝:6,480円、教材費:19,540円、検定料:2,160円、入学金:5,400円で、トータルは⇒33,580円になります。

 

  • スーパーラーニングコース(教室により週1回100分と週2回で60分・40分の場合があります)
    月謝は10,800円、教材費は29,620円、検定料2,160円、入学金は5,400円でトータルは⇒47,620円になります。

 

英語

 

月によってレッスン回数はまちまちですが、1年間で43レッスンとなっていますので、その43回分を毎月分割で6,480円ずつ支払っていくといった感覚になります。

レッスンをお休みした場合、振替はできますか?

生徒さんの都合でお休みされた場合、基本的には振替はできません。

でも教室によっては振替ができたり都合を聞いてもらえる、というところもあります。

ちなみに…講師都合でレッスンがお休みになった場合は、振替できます!

 

教材費は年度途中で入学した場合でも、1年分のセットを購入する必要がありますので、なるべく年度初めから入学した方が無駄がなくていいですね(^^♪

 

何か途中で購入をすすめられたり…とかはないですか?
入学申込み時に必要な代金と月々の月謝以外、年度途中で何か教材を買わされたりするということはありません。

 

スクールによっては自宅学習教材などをしつこくセールスしてきて不快な思いをさせられるところもあります。

そういった商売っ気ムンムンのスクールと比べると、ECCジュニアはとてもクリーンで良心的だと思いますよ。

ただし、教室によって年間数百円の教室維持費やクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー等イベント参加費は発生する場合があります。

 

ECCジュニアには、中学生クラスや高校生以上の大人クラスもあります。

そちらの料金に関しては今回は省かせていただきましたので、ECCジュニアのホームページ等でチェックしてくださいね。

さて、続いてはもう1つの気になるポイント、『割引特典』について説明します。

兄弟割引や紹介割引はある?

割引特典って何かありますか?
ありますよ!
兄弟割引お友だち紹介制度の2つについて説明していきますね。

兄弟割引

『兄弟割引』の有無は年度によって違ってきます。

春の募集期に『兄弟割引キャンペーン』を開催している年ですと、兄弟2人目の入学金が無料になる等の特典が受けられます。

また教材によってはお下がりが可能なケースもありますのでご相談ください。

 

ECCジュニアの兄弟割引のイラスト

※お下がりは兄弟姉妹間でのみ。
お友だちやご近所さんから譲り受けられたものは原則認められませんのでご注意ください。

お友だち紹介制度

『お友だち紹介制度』は今のところ毎年あるようです。

新年度、5月、夏休み、秋…と年間を通してキャンペーンがありますので、ほぼいつでも紹介キャンペーン特典が受けられるといった感じです。

  • ディズニーキャラクタ―グッズのプレゼントをもらえる
  • 入学金が半額になる

という特典がを受けることができます。

支払方法は?クレジットカードは使える?

英語 ECC

 

使えない、と考えておいたほうがよさそうです。

 

入学申込金や月謝の支払いは、現金でやりとりしている教室がほとんど

ECCジュニアは一般家庭の主婦等が自宅や貸会場で教室を開催しているため、クレジットカード対応している教室はないと考えておいた方がよいでしょう。

規模が大きめな教室では、ゆうちょ引き落としなどを利用している場合もあります。

ですが、生徒数10名未満の教室から100名以上のマンモス教室まで存在するECCジュニアですので、選んだ教室によって支払い方法は変わってくると考えておくといいでしょう。

 

ECCジュニアに関する記事はこちら↓

まとめ

いかがでしたか?

今回は、お子さんにECCジュニアで英会話を習わせようとした場合の、お金に関する部分について詳しくご紹介しました。

最後にもう一度おさらい♪

  • ECCジュニアには「スタンダード」「スーパーラーニング」2つのコースがあり、それぞれ月謝は6,480円と10,800円!
  • 入会時には月謝の他に、1年分の教材費・入学金・検定料がかかる!
  • 兄弟割引やお友だち紹介制度の利用で入学金が無料や半額になることも!
  • 月謝の支払方法はほぼ現金での取り扱いでクレジットカードの利用はできない!

 

あなたのお子さんが、理想の英会話教室、素晴らしい先生に出会い、世界へと羽ばたくグローバルな人間へと成長されることを祈っています。

(この記事の情報は2018年2月のものになります)



関連記事はこちら