Non-alcoholic Eye-catching image

 

「これはお酒ではありません」て書いてある!
飲んでみた~い!

この前私が飲んでいたノンアルコールビールを眺めていた娘が、急に飲みたいと言い出しました。

ママ
だめだめ!
20歳以上の成人用って書いてあるでしょ!
えー、なんでなんで!
お酒じゃないならジュースと一緒じゃないのー。
ちょっと飲んでみたい!

 

たしかに、ノンアルコール=アルコール分が含まれていないアルコールテイストの飲み物。

ということは、

 

ノンアルコール=子供でも飲める(・・?)

 

という疑問が!

今回は、

  • 子供がノンアルコールビールを飲むと飲酒になる?
  • 法律的に決まりはあるの?

 

先輩ママ
知っているようであいまいなノンアルコールビールについて、一緒に確認していきましょう。

ノンアルコールビールって子供も飲めるの?

ノンアルコールビール

 

実は、ノンアルコールビールは子供でも飲めるんです

法律的にも問題ありません。

 

しかし!

 

メーカー側は子供が飲むことをすすめていません。

 

Q.未成年が飲用しても大丈夫?

A.法律上問題はありませんが、未成年者の飲用はお薦めしません。本商品は、20歳以上の方の飲用を想定して開発しました。

(Asahiノンアルコール商品についてのFAQより)

 

ノンアルコール飲料は、さまざまな理由でお酒を飲めないときでも楽しめるようにと、20歳以上の大人が飲むことを想定して開発されています。

なので、味も本物のビール!
といってもいいほどの味に作られています。

そんなノンアルコール飲料を未成年が飲むと、本当の飲酒への抵抗感が薄まり飲酒のきっかけとなってしまう可能性も否定できません。

 

また最近のノンアルコール飲料はビールだけではありません。

  • カクテル
  • 梅酒
  • ワイン
  • 日本酒
  • 焼酎

などなど、種類も多くなっています。

 

ママ
たしかに、カクテルなんかジュースと同じ感覚で飲めちゃうかも・・・。
これがきっかけで本物のお酒も飲んでみたい!
とか思われても困るし、勝手に飲んじゃうことだってありますよね。
先輩ママ
そう!
たとえ飲んでしまっても法律に触れることはないのですが、未成年の飲酒のきっかけになってしまうことがあるんです。
ママ
でもそんな危険性があるならいっそのこと法律で取り締まればいいのに!
なぜ違法にならないんですか?
ノンアルコール飲料って、本っっっ当にアルコールって含まれてないんですか?

 

アルコール飲料とノンアルコール飲料の違い
  • アルコール濃度が1%以上「酒類」として分類
  • アルコール濃度が1%未満「清涼飲料水」の定義

 

未成年者飲酒禁止法では、満20歳未満の飲酒を禁止しています。
この飲酒とは、アルコール分1%以上の酒類を摂取すること。

先輩ママ
アルコール濃度が1%未満の場合、お茶やジュースと同じ清涼飲料水と定義されるため、子供が飲んでも違法にはならないです。
ママ
そうなんですね。
でも1%未満ということは、アルコールが含まれている清涼飲料水もあるということですよね?
先輩ママ
そうなんです。次の章でくわしく説明していきますね。

ノンアルコールビールを飲むと体に影響がある?

ノンアルコールビールは、清涼飲料水と定義されていますが、実は次の2種類に分けることができます。

  • アルコールをまったく含まない飲料
  • アルコールが1%未満含まれている飲料

 

そう!

厳密に言うと、アルコールを含んでいても1%未満であればノンアルコール飲料(清涼飲料水)として扱われるのです。

アルコールをまったく含まないノンアルコールビール(アルコール0.00%表示のもの)を飲んだ場合は、ビールテイストの炭酸飲料水を飲んだのと同じことなので、体への影響はまったくありません。

 

しかし、微量でもアルコールを含んだノンアルコールビールを飲んだ場合は、薄めたビールを飲んだ場合と同じ影響があると考えられます。

ママ
子供がもしアルコールを摂取してしまった場合、どんな影響が出るんですか?

 

先輩ママ
成長途中の体にはもちろん、心にも以下のような影響が出てくるといわれてますよ。

 

  • 脳の細胞を壊す
  • 骨の成長に影響する
  • アルコールを分解する働きが未熟なため、肝臓をはじめ他の臓器にも影響を及ぼす
  • 我慢をすることができなくなる
  • 集中力や学習意欲がなくなる
  • 怒りっぽくなる
  • アルコール依存症に陥りやすくなる1)

 

ママ
こんなにも影響が!
先輩ママ
そうなんです。
少量でも急性アルコール中毒になってしまう子供もいます。

上に挙げた影響はもちろん、子供の頃からお酒を飲み続けると…ということが前提の話にはなりますが、少量でも与えてしまうとそれがきっかけになってしまうかもしれません。

 

ノンアルコール飲料を子供が飲むことは法律的には問題はありませんが。。。

微量のアルコールが入っていようがノンアルコールだろうが、親は子供に飲ませるべきではないですね。

 

 

最近のノンアルコール飲料はアルコール表示0.00%の飲料が主流ですが、中には0.5や0.8といったノンアルコール飲料もあります。

ママ
 ドライバーや妊婦さんも、ノンアルコールならなんでも飲んで大丈夫だと思っていましたが、実際にはどれだけアルコールが含まれているか確認する必要がありますね。
先輩ママ
そうですね。
買う前、飲む前にきちんと表示を確認した方がいいですね!

 

 

ママ
でも法律的に違法でないなら、ノンアルコール飲料の買い物を子供に頼むことはできますか?

ノンアルコール飲料は子供でも買える?

ノンアルコール飲料は、子供では買えません!

ビールに限らずワイン、焼酎、カクテルと、どんどん種類が増えているノンアルコール飲料は、20歳以上の大人が飲むことを想定して開発されています。

そのため、メーカー側は自主規制として小売店では年齢確認が行われますし、飲食店では未成年への提供を自粛するよう案内されているのです。

ノンアルコール飲料は子供は買えないイラスト

ママ
法律では違法にならないからといって、積極的に子供にすすめられる飲み物ではないということですね。
先輩ママ
その通り!
違法でなくても、メーカー側の意図を知ることも大切ですね。

参考:1)アサヒビール未成年者飲酒防止 夢学園

まとめ

先輩ママ
今回の記事をまとめます。
  • ノンアルコール飲料とは、アルコール濃度が1%未満の清涼飲料水のこと (アルコールが0%のものも、1%未満含まれているものも両方含む)
  • ノンアルコール飲料は、20歳以上の大人が飲むことを想定して開発されているので、小売店では買えないし、飲食店では飲めない
  • 法律的にはノンアルコール飲料を子供が飲んでも違法ではないが、メーカー側は子供が飲むことをすすめていない
  • アルコール表示0.00%の飲料であれば子供の体に影響はない (ただし、1%未満のアルコールが含まれる飲料の場合、アルコール中毒など影響が出る場合もある)
  • アルコール濃度が1%未満のもの、0%のものも合わせ、親が子供に飲ませるべきではない

 

大人にとっては、雰囲気を楽しみたいときや、アルコールの味を楽しめる機会が増えるのは喜ばしいことですが、子供にはまだ早い飲酒のきっかけとなってしまうこともあるんですね。

違法にならないとは知りませんでしたが、「違法にはならない≠子供に勧めてよい」飲み物ではないとわかってもらえたでしょうか。

まわりの大人がお酒を飲んでいれば、ちょっと味見してみたいと思う子供の気持ちも分かります。

ですが個人的には、子供が将来健全にお酒とつきあっていけるように、まわりの大人も飲ませてはいけないと思いました。



関連記事はこちら