小学校の卒業式、可愛く髪をアレンジしてみたいと思っている方におすすめ!簡単なのに華やかかつゴージャスに見える編み込みアレンジをご紹介したいと思います。

きちんと感もありつつ、華やかに見える編み込み、お母さんにも子供さんにもおすすめです。分かりやすく画像で順を追ってご説明し、動画もあるので簡単です。

Sponsored Link

卒業式におすすめの編み込みの方法

ママ
いつもロングの髪を1つ結びにするか、ハーフアップにするかのアレンジしかしたことがありません。こんな私でも卒業式くらいは編み込みをして品よくアレンジしたいと思っているのですが、簡単かつ見た目も華やかな編み込みの方法を教えてください。
先輩ママ
卒業式だけでなく、様々なシチュエーションにも使える、華やかに見えつつ品のある編み込みアレンジをご紹介いたします。

STEP①トップの髪をとる

amikomi1

トップの髪を真ん中からとります。

STEP②①の髪を3等分にする

amikomi2

①でとったトップの髪を3等分にしましょう。

STEP③1段目は3つ編みの要領で交差

amikomi3

②の3等分にした髪を1段目は3つ編みの要領で交差させます。

STEP④横から毛束を取り、編み込んでいく

amikomi4

②で3等分にしたうちの1本と同じくらいの量の毛束を横から取り、②の3本のうちの1本に合わせ、一緒に編み込んでいきます。

STEP⑤編み込みを重ねる

amikomi5

④の動作を繰り返し、編み込みを重ねましょう。

3等分にしたうちの1本と同じくらいの量の毛束を横から取る→3等分したうちの1本に合わせる→3つ編みの要領で交差→繰り返し。

STEP⑥少し左よりに

amikomi6

中心に揃えるのではなく、少し左寄りに編み込んでいきましょう。

STEP⑦毛先は3つ編みにし、ゴムで結ぶ

amikomi7

毛先は3つ編みにし、ゴムで結びましょう。

STEP⑧ゴムで結んだ毛先を折り返す

amikomi8

ゴムで結んだ毛先を内側に折り返しましょう。

STEP⑨⑧の毛先を表面に重ねる

amikomi9

⑧で折り返した毛先を編み込みした髪の表面に重ねるよう丸めていきます。

STEP⑩くるくる回していく

amikomi10

⑨をくるくる回して持ち上げていきましょう。

STEP⑪耳の後ろでピンで留める

amikomi11

アメピンの長い方を地肌に添わせ、短い部分を髪の毛先部分を挟むようピンで留めます。

STEP⑫落ちやすい場合は下の方も留める

amikomi12

落ちやすい場合は下の方もピンで留めておきましょう。

STEP⑬反対側の髪が落ちないようピンで留める

amikomi13

反対側の髪が落ちてこないよう、毛の流れにそってピンを差し込み留めましょう。

STEP⑭バランスを見て髪飾りをつける

amikomi14

バランスを見て、付ける位置を留める前に確認し、髪飾りをつけましょう。

ママ
では次はわかりやすい動画でご紹介します!

Sponsored Link

{動画}卒業式におすすめ編み込みの方法

「この記事の画像及び動画はyoutubeの美容師髪技屋さんの許可を得て掲載しております」

関連記事)小学校の卒業式の母親の服装はどうする?恥をかかない服装の選び方

先輩ママ
編み込みした髪をくるくる持ち上げず、そのまま垂らした状態で髪飾りを付けても可愛く、お子さんにはこの方法だと元気な子供らしさも出るのでおすすめです。

amikomi

出典:http://beauty.hotpepper.jp/slnH000116049/style/L001336463.html?cstt=85

先輩ママ
編み込みを首の下でやめ、1つ結びにして髪をカールさせても華やかになります。

amikomi

出典:http://beauty.hotpepper.jp/slnH000138178/style/L001957736.html?cstt=3

ママ
簡単そうで、きちんと感もあってアレンジも色々出来そうでいいですね。早速練習してみようと思います。

関連記事)

最後に

いかがでしたでしょうか?

シンプルな編み込みなのに、毛先をくるくるまとめてアップにしたり、まとめる位置を変えたりすることでアレンジもききます。また、スーツや着物に合わせて髪飾りをすることで、より華やかに見せたり、逆に落ち着きが出たりとイメージも変えることができますよ。

お子さんと一緒に卒業式に付ける特別な髪飾りを買いに行くのも、また楽しみのひとつですね。

卒業式だけでなく、結婚式やパーティー、普段にもできるこの編み込み、覚えておいて損はありませんよ!

Sponsored Link


関連記事はこちら