お粥だけでなく、野菜や果物も口に出来るようになると、見ているママが嬉しいのはもちろん!食べている赤ちゃん本人も嬉しくって楽しいのです!

しかし、楽しく美味しいはずの野菜も進め方を間違えると苦手になってしまいますので、作る側として知っておきたい事もあります。

そこで、私の経験を通して初めて食べるのにピッタリな野菜と下処理の方法をご紹介します!参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

離乳食初期、お粥の次に初めて食べさせる野菜のおすすめは?

yasai

ママ Aさん
お粥の次に初めて食べさせる野菜のおすすめはありますか?
先輩ママ Bさん
まずは、あくの少ないものからはじめましょう!調理も面倒でなく苦味もありませんから最適ですよ。

あくの少ない野菜といえば、にんじん、かぼちゃ、カブ、大根などです。
葉野菜では、モロヘイヤや小松菜なども使いやすいです。


スポンサーリンク

離乳食初期、野菜の下ごしらえの方法は?

 

ママ Aさん
野菜の下ごしらえの方法を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
野菜の種類別に下ごしらえの方法を説明していきますね。

関連記事)離乳食のトマトって冷凍できる?

にんじん

栄養価だけでなく、色味も鮮やかで食事がたのしくなるにんじんは、皮近くに多く栄養分が含まれるためピーラーなどで薄く皮をむき、水から茹でていきます。
柔らかくなるまで茹で、熱いうちにすりつぶし裏ごしします。

かぼちゃ

すりつぶしやすく、甘くて食べやすいので赤ちゃんも大好きなかぼちゃもこれまた栄養たっぷり。ぶつ切りにして一度冷凍させたものが茹でた時にすぐ柔らかくなります。
加熱してから皮をとり、すりつぶします。ミルクやお湯でのばしてあげましょう。

カブ・大根(大根は真ん中あたりが良い◎)

淡白な味で、離乳食には取り入れやすいカブと大根。厚めに皮をむき、細かく切り、水から茹でていきます。あくもとっていきましょう。
熱いうちにすりつぶしお湯などでのばします。

モロヘイヤ

繊維が豊富で、トロトロになるので非常に使いやすいモロヘイヤ。葉だけを摘み取り、柔らかく茹でたら水にさらし、あくを抜きます。
みじん切りにしてからすりつぶし、裏ごしして、お湯でのばしていきます。

小松菜

ほうれん草はシュウ酸やあくが少し強めなので、同じく鉄分豊富な小松菜彩りもきれいで使えます。
初期のころは、葉を柔らかく茹で、水にさらしてからみじん切りにしてすりつぶし、裏ごしします。
野菜スープなどでものばしてみましょう^^

rinyuusyoku3

初めて野菜を与えるときの量は?お粥に混ぜてもいい?

rinyuusyoku1

 

 

どの食材もですが、アレルギーがないか確認するためにも、個別で小さじ1からはじめましょう。
様子を見て、大丈夫そうならリゾット風としてお粥に混ぜても良いでしょう!

わたしは、2人目の離乳食を始めたらなんか多くないか?!めっちゃ食べるやん!と思っていたら小さじと大さじのスプーンを間違えていたことに1週間くらいしてから気づきました(◎_◎;)
そして、彼は今とても大食いです。皆さんそんなことないと思いますが注意してくださいね(笑)

初めての野菜を与えるときに注意することは?

rinyuusyoku2

 

 

どの食材にアレルギー反応があったかをみきわめるため、必ず1種類ずつ挑戦してみましょう。
また、消化器官も未発達はため、一度に初めてのものを数種類口にするのもよくありません。

そして上記に挙げた野菜は素材の味だけで十分です!
調味料などは使用せず、あく抜きや裏ごしきちんとしてのどごしをなめらかにしてあげましょう!

それでもいやがる場合は無理にすすめなくても構いません^^
焦らず、ゆっくり挑戦していきましょう♪

関連記事)離乳食でチーズっていつから食べさせていいの?

最後に

rinyuusyoku4

 

先輩ママ Bさん
今回のポイントのまとめ!

 

  • 初めての野菜のおすすめは、あくの少ない野菜=にんじん、かぼちゃ、カブ、大根など。
  • 初めて野菜を与える場合は、個別で小さじ1からはじめる。
  • 野菜は必ず1種類から挑戦する。
  • 調味料などは使用せず、あく抜きや裏ごしきちんとしてから与える。

 

離乳食はミルクや母乳以外からの大事な栄養分です!
これから食べるのが嫌い。となってしまわないように、下処理をきちんとして、ゆっくり、たのしく食べさせてあげましょう!

ちなみに、大食いの次男は初めて口にした時からブロッコリーが大好きで、緑の野菜大好きです!!

 

ママ Aさん
野菜が好きになるか嫌いになるか・・・離乳食での与え方が大切になるのですね。食への関心を高めるためにも親として心を込めて離乳食作りを進めて行きたいと思います。大変参考になりました。

 

by mk1919

スポンサーリンク

関連記事はこちら