赤ちゃんって何でもかんでも口に入れちゃう時期ってありますよね。こんなものまで口に入れちゃう?って大人では想像もしていなかったものまで・・・。

我が家も、子供達が赤ちゃんの時、少しでも危険を省こうと色々なものを手の届かない範囲に片付けたりして気を付けていたんですが、ちょっと目を離した隙に、大変なことに・・・。

そこで今回は、赤ちゃんが何でも口に入れると悩んでる方に

  • いつまで注意が必要?
  • これは危険
  • こんな時は受診が必要
  • 我が家の経験談

以上についてお話しますので、参考にされて下さい。

Sponsored Link

赤ちゃんが何でも口に入れる!いつまで続く?やめさせるべき?

ママ
赤ちゃんが何でも口に入れてしまって困ってます。これも成長の証なんでしょうか?こういう口に入れる時期っていつまで続くんですか?
先輩ママ
実は、この口に入れるって・・・意味があるんです。

赤ちゃんはまだ感覚が大人とは異なります。口に入れることによって、舌を使って物を確認しているんです。大人なら、目で見て、手で触って、臭いをかいでと、視覚、触覚、臭覚で確認したりしますが、それらがまだ未熟な赤ちゃんの場合、舌の感覚で理解してるんです。

ということは、これは赤ちゃん時期ならではのもので、他の感覚が発達すれば口に入れなくても物を理解することが出来るようになるんです。なので、そういって物を確かめてるわけですから、全てを取り上げ排除してしまうのは、赤ちゃんの成長にとってはマイナスで、ある程度は思い通りにさせてやることも大切です。

baby

じゃあ、いつになったらやめるのかといえば・・・

  • 歯が生えそろってきた頃
  • 物を理解しだした2歳頃

くらいでしょうか。ですが、これにも個人差があるため、「うちの子はまだ口に入れてる」と焦る必要はありません。特に歯が生える時期はムズムズするため、余計口に入れるということもありますからね。

Sponsored Link

赤ちゃんが口に入れて危険なものは?

ママ
ある程度は見守ってていいと言っても、危険なものもありますよね?
先輩ママ
口に入れてぺちゃぺちゃするくらいならまだいいんですが、飲み込める大きさのものが特に危険です。窒息の危険と病気の危険と分けてご説明しますね。

窒息の危険

  • ビニール
  • 飴玉
  • ビー玉
  • おもちゃの部品
  • ボタン
  • お金
  • ペットボトルのキャップ

マックのハッピーセットのおもちゃなどは、子供の口のサイズを考慮されて安全点検をされたうえで作られているんですが、けっこう飲みこめるサイズのおもちゃなどもあるんですよね。外れやすい部品等も注意が必要です。

うちの子の場合は、新聞紙や公告用紙をよく扱っていたずらしてたんですが、キャッキャ言って破いてるかと思ったら、「ウッウッ」と言い出し、見ると口にたくさん公告用紙を丸めて詰めちゃってて、慌てて取り出しました。紙は飲み込んでしまっても気管に張り付く危険性もありますからね。

病気の危険

  • 鳥の糞
  • 電池
  • タバコ
  • 洗剤

よく聞くのが、砂場の砂・・・。あれには猫の糞などウジャウジャ病原菌が混じっています。友達の子供はこれを食べてしまい、急に高熱を出したりということもありました。とにかく、赤ちゃんは大人が想像もしていない色々な物を口に入れちゃうんです。

先輩ママ
赤ちゃんが口にしたものは、全て除菌シートで拭くようにもしましょう。

battery

関連記事)

これを口に入れた時は病院へ!

ママ
この口に入れて危険なものって・・・もし入れてしまったらどうしたらいいんですか?
先輩ママ
もう食べ物以外を飲み込んでしまった場合は病院へ行った方がいいんですが、特に上記で説明した危険なものはこんな理由で危ないんです。

電池

特に危険なボタン電池。けっこう色んなおもちゃに使われていたり・・・。気付かぬうちに飲みこんでしまうこともあります。でも、電池は、少しの時間でも電流が発生するため胃に穴が開いてしまうことも。最悪の場合、命にも関わります。すぐに救急車をよびましょう。

タバコ

タバコにはニコチンが含まれていて、はっきり言って毒です。タバコ1本でも赤ちゃんにとったら致死量に至ることも。また、灰皿にたまった水分も、タバコのニコチン成分がしみだしてるので危険です。

薬には副作用があります。なので、それぞれ体重に合った薬を病院では処方されますが、赤ちゃんが大人の薬を飲んでしまった場合、その適正量をはるかに超えていることになります。まず、どんな薬を飲んだのか、飲んでどれくらい経過したのか、体調に変化はないかなど、医師に伝えましょう。

お金や金具やビニール

金具は物によっては粘膜を傷つけます。また、お金やビニール等も気管に張り付いてしまい窒息することも・・・。吐かせられるなら、指を突っ込んで履かせてあげるのが良いんですが、それでも吐き出せず、子供がグッタリするようなことがあれば急いで病院を受診しましょう。

洗剤

漂白剤やカビ取り剤などは、はっきり言ってです。また、同様に防虫剤や殺虫剤、灯油、乾燥材や保冷材なども・・・無理に吐かせるより、いち早く病院に連れて行きましょう。

関連記事)子どものパック型液体洗剤の誤飲が怖い!症状と対処方法

我が家のこわ~い経験談

うちの子も色々な物を口に入れました。鳩の糞・・・けっこうベランダなどに固まってたりするんですよね。鳩の糞には病原菌がいっぱい。これも口にいれようとする瞬間を見た時には「ギャー!!」と叫んでしまいました。まあ、その声にびっくりし、寸前のところで阻止できたんですが・・・

先輩ママ
実は大事に至ったことも・・。

ある日、子供が下痢・・・1日目は、4.5回の下痢で「嘔吐下痢症かな」と言われ、小児科から帰ってきたんですが、その日の夜から水のような下痢・・・寝てても30分ごとに「ブリブリ」「シャー」・・・1晩で24回の下痢・・・

これはおかしいと思い、再び受診、お尻もかぶれるし、アセロラジュースみたいな下痢だし・・・でも「出し切った方が治りが早い。整腸剤だけで、下痢止めは飲まない方がいい」と言われ、一応検査をして帰宅。結果、3日間で50回以上の下痢をしたんですが、徐々に落ち着き、子供も元気になりました。

ですが、1週間後、小児科の先生から電話で「今すぐ来てください」と呼び出し。

え?何?と思いながら受診・・・すると、「先日の検査の結果0-157が検出されました。ここからは小児科で様子を見ながらも、保健所の管轄となります。そして、周辺医療機関すべてにも連絡します。」と・・・

頭の中真っ白です。「え?」0-157?!TVでよく見る?

結局、先生はアセロラジュースみたいな便と私が言った一言に「これは血便かも」とピンと来たらしいんですが、あの時もし下痢止め処方してたら、成分がたまって脳に障害が出たり、最悪命の危険もあったと・・・。それからは、保健所の人が3人家に来て、約2週間の食事を全て調べ、父親も母親である私も検査。

そして、家中除菌です。結果、食事からではないと分かり、原因不明ということで子供も便を出し切ったことで変化はなかったんですが・・・後日原因が発覚しました。うちの子・・・洗面所によじ登り、排水溝を自分の歯ブラシでゴシゴシし、それを口に・・・

見た時は寸前で阻止しましたが、その0-157になる前も、そういえば歯ブラシに何か黒いのが付いてたんです。怖いですよね。大人が食べたもので、大人はただの下痢何回かで済んでも、それが子供がなると、大変な下痢になったり重篤な症状になったり。そんな菌が排水溝にはたっぷり

haisuikou

ママ
え~!排水溝・・・。私もよく使い捨ての歯ブラシで掃除します。そういうの見ちゃってるんでしょうね。気を付けます。

最後に

  • 赤ちゃんは口に入れて物を確認してる、ある程度は目をつむって
  • 2歳くらいになったら口に入れるのは段々なくなる
  • 子供が飲み込めるサイズのものは要注意
  • とにかく飲み込んでしまったら病院へ
  • 鳩の糞や排水溝など、菌がいそうなものにも注意

これは友人の子供の話しですが、よくお風呂の水をガブガブ飲み、窓や網戸を舐めてる子が原因不明の熱が一週間ひかなかったとか。また、虫を口に入れるならまだしも、鼻に突っ込んで取れなくなって病院を受診したとか。

とにかく、大人が想像もしないことをよくやります。なので、家の中でも外でも目を離さないことが大切です。

Sponsored Link


関連記事はこちら