お姑さんやお母さんに「風邪をひいているんだからお風呂はだめよ」と言われた経験はないでしょうか?昔は、風邪の時のお風呂はNGと言われていました。

しかし、最近は小児科でも「お風呂は大丈夫そうだったら入れてあげて。お母さんが判断してください」と言われることも増えています。この大丈夫な基準は何なのか?

私自身いつも判断に迷っていたため、かかりつけの小児科医師に何度相談したことか。

毎日お風呂に入ることを習慣にしている日本人は一日でも入らないと何だか気持ち悪いような気がすることもありますよね。昔は銭湯に行く家庭が多く、衛生状態が気になったり、帰りに湯冷めをしてしまうといった理由で風邪の時のお風呂はNGと言われていたんです。

しかし最近では、家のお風呂に入る家庭が多いため、そういう心配がなくなったということから昔と最近の判断基準が変わってきました。

では、実際にはどうなのか?入れていいのかいけないのか?入れる場合のポイントや注意すべきことをまとめてみました。

Sponsored Link

子供が風邪をひいた時、お風呂に入れてもいい?

Toddler

ママ Aさん
子供が風邪をひいた時、お風呂に入れてもいいのでしょうか?
先輩ママ Bさん
結果的に良いか悪いかでいうと・・・発熱時のお風呂はOKなんです。風邪の時にお風呂に入ってはいけないという科学的根拠はないんです。

熱を出し、汗をかいたままでいる方がよくない。長時間の入浴でなければ入った方がさっぱりして良いといわれてるんです。また、お風呂に入るメリットとして、皮膚を清潔にし、皮膚呼吸を助ける。体を温め、緊張を解きほぐす。皮膚に刺激を与え、血行促進効果がある。精神的疲労を取り除く、などがあげられます。

しかし、熱が高いのに無理してお風呂に入れるのはいけません。かえって風邪が悪化してしまう場合もあるんです。なのでお風呂に入れていいかどうか判断するチェックポイントがあるんです。

先輩ママ Bさん
風邪をひいた子供をお風呂に入れる時のチェックポイント!

 

  • 38度以下であるかどうか
  • 元気があるかどうか
  • 湿疹があるかどうか
  • 嘔吐があるかどうか

 

子供の体温は大人と違い平熱が高いことも多いと思います。なので子供の発熱は37.5度を超えた場合といわれ、38度以下ならば微熱扱いなため、様子を見ながらお風呂に入れるかを判断しましょう。基本的に元気があり、食欲が落ちてないようなら問題ありません。

ただ、例え38度以下でも子供がぐったりとしてる場合はお風呂に入れない方が良いでしょう。また、熱と共に湿疹があるかどうかもチェックしてください。湿疹があるが元気はあるという場合は一番風呂は避け、シャワーだけで済ませる方法も良いでしょう。

また、下痢をしてる場合はシャワーでお尻を洗った方がすっきりはしますが、嘔吐がある場合は逆に具合が悪くなってしまう場合もあるので、お風呂は避けなければなりません。

Sponsored Link

風邪の時の入浴時に注意したいこと

ママ Aさん
風邪の時の入浴、注意する事を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
以下に挙げる点に注意して下さいね。

 

  • 湯冷めしないよう浴室や脱衣所の室温差をなくしておく
  • 長風呂は避ける
  • ぬるめのお風呂かシャワー
  • 髪の毛を洗った場合はしっかり乾かす
  • すぐには寝かせない

 

風邪の時に入浴する場合は注意が必要です。まず、湯冷めしないよう予め浴室や脱衣所を温め、室温差をなくしておくことが大切です。

また熱い風呂や長時間の入浴は体力を消耗してしまうので避けた方がよいでしょう。37度~38度のぬるめのお風呂につかる、もしくはシャワーだけにしましょう。

髪の毛は熱がある間は洗わない、洗った場合はしっかりドライヤーで乾かすことが大事です。濡れたままにしておくと体が冷え、更に熱が上がってしまう場合があります。

お風呂上りは体が温まっているうちにすぐ寝かせてあげたいところですが、お風呂上りにすぐ寝ると布団の中で汗をかいてしまい、後でかえって体を冷やし熱を上げてしまう原因にもなります。お風呂上りはしっかり水分補給をし、体のほてりをとった後、寝かしつけるのが良いでしょう。

私が判断に迷ったのは、38度はあるんだけど、走り回っていて元気な場合です。子供って熱があっても元気な場合もありますよね。しかし、迷った場合は入れないという判断をした方が良いでしょう。

子供は昼間に熱が下がっても、また夜中に熱が上がる場合も多いんです。お風呂に1日2日入らなくても問題はありません。お風呂に入る代わりに、濡れたタオルで体を拭いてあげるだけでも随分すっきりするでしょう。

関連記事)

 

Baby (3)

まとめ

Girl (10)

先輩ママ Bさん
今回のポイントのまとめ!

 

  • 風邪の時のお風呂はOK!だけど、判断が必要
  • 入浴は熱が38度以下であること
  • 元気があるかどうか、子供の様子を見て判断
  • 長風呂は避け、ぬるめのお風呂またはシャワーで済ませる
  • 湯冷めしないよう室温に注意

 

いかがでしたでしょうか?発熱時の入浴の判断は、子供の様子をしっかり見て決めましょう。

まずは、子供の体調が一日も早くよくなり、元気になることが一番です。ゆっくり睡眠をとり、完全に熱が下がるまでは安静にしましょう。

 

ママ Aさん
子供が風邪を引くといつもお風呂に入れていいのか迷っていましたが、今回のお話しを聞いて、判断のポイントや入れる際の注意点が分かり、本当に助かりました。また、親として子供の様子をくよ観察する事の大切さも分かりました。有難うございました。

Sponsored Link


関連記事はこちら