チャイルドシートって高額ですよね。
出産準備品の中では高額品の部類なので、パパママが頭を悩ませるグッズの一つでもあります。

赤ちゃんの安全面もきちんと考えなければならないから安いものでは不安。
でも、成長に合わせて買い替えなければならないので、今後の出費も考えると慎重になってしまいます。

そんなチャイルドシートのお得なおすすめ組合せをご提案します。

Sponsored Link

新生児から使えるおすすめチャイルドシート

私が最初に使ったチャイルドシートは、従兄弟からもらったコンビのベビーカー兼チャイルドシートでした。
チャイルドシートをベビーカーに取り付けられるものです。

その商品は現在中2になる子が使っていたものなので、現在売られているものに比べると少し安全性が怪しいかな・・・と思うものでしたが、とても重宝しました。

取りつけ、取り外しが簡単なので、赤ちゃんが車で眠ってしまってもそのまま起こすことなくお部屋に運んで寝かしつけることができるので、本当に便利です。

現在発売されているコンビの同じ商品は、14年前のものよりもかなり進化していて、以前はついていなかった頭へのサポート、エッグショックなどがついていて、座り心地もよさそうです。
安全性もかなりよくなっています。

定価は7万円ほどですが、アマゾンなどで3万円ほどで売っているので、ベビーカーと兼用だと思えばかなり安いですね。
しかもベビーカーとしても機能が充実していて、新生児から幼児まで使えるので、1台でベビーカー卒業まで長く使えます。
ベビーカーとしても優秀な商品です。

ベビーシートとしては1歳くらいまでです。

1歳から長く使えるおすすめチャイルドシート


こちらの商品は1歳から11歳まで使えるタイプです。

私が6年前に買った商品はこの商品ではないですが、この商品とほぼ同じタイプのものです。
ヨーロッパの安全基準にも合格しているので安心です。

しかも送料込みで1万円を切っています。

先に紹介したベビーカー兼チャイルドシートとあわせても4万円程度です。

チャイルドシートって、本当に価格がピンキリでベビーシート単独で7万円くらいするものもあるくらいです。
それぞれ様々な機能や安全面での工夫がされていて、魅力も感じますが、ベビーシートのみの機能だけに6万円も7万円もかけていられないのが現状です。

安さだけを求めるのは危険ですが、ある程度の安全性が保証されているものを上手に組み合わせることで、安く、安全なものを買うことができます。

Sponsored Link

コンパクトタイプも用意しておくとさらに安心

子供が大きくなってきてママ友と一緒にランチに行ったりすることも増えてくると、今度は、乗せてもらったり乗せてあげたりすることが増えてきます。
その時に簡単に使えるコンパクトなチャイルドシートを用意しておくと安心ですね。

私は娘が6ヶ月頃に市のベビーマッサージイベントに参加して以来、仲のよい友達がたくさんでき、1歳を過ぎたころからよく一緒に車で出かけていたので、1歳くらいから使えるコンパクトなチャイルドシートを購入しました。

ミクニのファンキッズという商品です。

1歳頃からと思っていましたが、9ヶ月頃から使えるようです。

これを一つ持っているだけで小学生まで使えるので、どんな年齢のお子さんを乗せてあげる時でも使えるので、子供が成長してもずっとお友達を安全に乗せてあげることができました。

新品で買っても8000円程度ですが、私はオークションで3000円ほどで入手しました。
オークションだとうまく購入できればもう少し安く手に入るかもしれません。

友達を乗せてあげることが多い場合や、乗せてもらったりする時、実家用に一つ持っておくと本当に重宝しますよ。

私がこのチャイルドシートを購入したことによって、他の友達も「それいいね」と同じものを購入した人が多かったので、私の周りではこれを持っている人が多いです(笑)

さいごに・・・

チャイルドシートはかわいい子供を守るためのものです。

でも子育ての必需品の中では高額商品です。

うまく組み合わせて上手に購入して子供たちをしっかり守ってあげましょう。
byさっちん

Sponsored Link


関連記事はこちら