ネウボラとは、フィンランドの「妊娠期からの切れ目ない」ワンストップの子育て支援施設のことです。その「ネウボラ」の「日本版」なるキーワードが新聞やニュースで目にすることも増えてきました。

日本版ネウボラでいう、「妊娠期からの切れ目ない支援」とは、何をさしているのでしょうか。私も2人の子を持つ母として、育児の悩みは成長のステップステップで切れ目なく続きますので、妊娠期からの切れ目ない支援という甘い言葉についつい期待したくなってしまいます。

先輩ママ
「ネウボラ」とはこんなことを意味するようです。
  • ネウボラはフィンランドの子育て支援施設!
  • 「妊娠期からの切れ目ない支援」をうたったワンストップの子育て支援施設!
  • 日本版ネウボラモデル事業が各地で大発生中!

それでは、ここからは、もっと詳しく上記のことを説明してみますね。

Sponsored Link

フィンランドの子育てってどんな感じ?

ママ
フィンランドの子育てって日本とは違うんですか?どんな感じなんでしょう?
先輩ママ
フィンランドの子育ては日本とは全く違うといっていいかもしれません。

danjyo

  • 子育ては男女平等、男性の育児は当たり前
  • 乳児期から、「保育」ではなく「教育」
  • 育児のサービスに選択肢が豊富
  • 公共交通機関では、ベビーカー優先

妊娠・出産・育児について、男女関係なく、双方の親が平等に担える仕組み作りの取り組みがなされています。本当の意味での男女平等、うらやましいですね。ちなみに、2015年度、フィンランドはお母さんにやさしい国ランキング2位、日本は32位となっています。

先輩ママ
育児サービスについても選択肢が豊富です。

日本でいう、保育ママのような制度や、公園おばさんなる一時保育の仕組みがあったりするようです。また、0歳から教育するという考え方のもと、日本の保育園にあたる施設はすべてに自己肯定感を高めるための教育が取り入れられています。

なにより、公共機関でのベビーカー優先は当たり前です。社会が子育てを支えるシステムが出来上がっているため、日本のように、ベビーカーを押しているだけで肩身が狭いといったことはありません。私も、子どもの乳幼児期、公共機関でのベビーカー利用で何度舌打ちされたかわかりません。

Sponsored Link

 

日本版ネウボラってどんなことをするの?

ママ
じゃあ、日本版のネウボラってどんなことをするんですか?
先輩ママ
それぞれの自治体で主に日本版ネウボラとして、なされている内容は以下のようです。
  • 妊娠の届け出
  • 地域における包括的支援体制の構築
  • 産前産後ケア
  • 相談支援サービス

日本もフィンランドンのネウボラを見習いたい!と、内閣府から平成27年に制定された子ども子育て支援制度の事業の中にも位置付けられ、厚生労働省の妊娠・出産包括支援モデル事業として、2015年には30ほどの自治体がモデル事業に名乗りをあげて取り組んでいます。

2016年度は150の自治体を目標に今まさにネウボラモデルが大発生中といった状況。地域がそれぞれの思い描くネウボラを作っている様相のため、フィンランドのネウボラとはなんだか違うものになっているようにも見受けられますね。

呼び方については、「日本版ネウボラ」ではなく、「地域包括ケアシステム」「子育て世代包括支援モデル」だとか、「妊娠・出産包括支援モデル事業」だとかの様々な呼称もされていて一般化されていませんし、さらには、各地での事業の名称と内容が一致しないので、なんだか理解しにくくなってしまっている状況にあります。

先輩ママ
高齢者の福祉にも包括というキーワードが使われているため、高齢者について話なのか、ネウボラについて話なのか、混乱してしまう一因かもしれませんね。

baby

日本国内でネウボラに取り組んでいるところは?

ママ
日本国内でどんなとこがネウボラに取り組んでいるんですか?
先輩ママ
ネウボラ事業に積極的に取り組んでいる地域をご紹介しますね。

ネウボラの取り組みでダントツに有名なのは、埼玉県和光市安倍首相も2016年2月に、その直後、厚生労働大臣も視察されました。そのほか、老舗は千葉県浦安市東京都世田谷区、最近では、北海道千歳市が力を入れてネウボラ事業に積極的に取り組んでいるようです。

japan

  • 埼玉県和光市 ・・・ 介護の仕組みを子育てに転用。地域ケア会議を行い子育て世帯を支援。
  • 千葉県浦安市 ・・・  日本初の育児パッケージ、子育てケアマネージャーがケアプランを作成
  • 東京都世田谷区 ・・・ 民間で運営する子育てサロン「古民家ママス(ネウボラ・ネット)」がフィンランドのネウボラのような相談体制を目指して活動中
  • 北海道千歳市 ・・・ 18歳までを対象に「子育てするなら、千歳市」を謳った千歳版ネウボラ
ママ
大変参考になりました。魅力的なネウボラ、私が住む町でも早く取り入れられたらいいなと思いました。
更にネウボラについて詳しく説明した記事がありますので合わせてご覧ください。→ネウボラとは?NHKでも取り上げられたその魅力

最後に

  • 母子保健コーディネーターという、専門家がケアプランを作る
  • 地域を包括(地域ネットワークの形成)した取り組み
  • 産前産後ケアの充実
  • 子育てひろばなど、地域の子育て仲間づくりで母子の孤立を防止
  • 日本では、埼玉県和光市・千葉県浦安市・東京都世田谷区・北海道千歳市がネウボラに取り組んでいる

結局のところ、国や都道府県、市町村を挙げて子育てをどう支援していくのか、どうネウボラを作るのか、法制化されるのを待つしかない状況でしょうか。どのモデル事業が法制化されるか注目していきたいところです。

Sponsored Link


関連記事はこちら