子供のチャイルドシート、嫌がる子が多いですね。
まだまだおしゃべりできない乳児だと泣き叫んだりするとついつい抱っこしてしまったりする方も多いのではないでしょうか。
大きくなってくると最初はチャイルドシートに乗っていても、自分ではずして車内をウロウロしている子もいます。

しかし、チャイルドシートは義務です。
装着していないと違反になります。

違反で捕まった場合はどうなるのでしょうか。
また、実家への帰省時やタクシー、レンタカーなどの場合、免除などはあるのでしょうか。

そんなチャイルドシートの違反や免除について調べてみました。

Sponsored Link

チャイルドシートの装着違反で捕まるとどうなる?

チャイルドシートの装着をしてないことで捕まった場合、減点や反則金が気になりますね。
チャイルドシートの装着違反は1点の減点です。
反則金はありません。

また、捕まった際にチャイルドシートが車についている場合はよいのですが、友人などの車で、チャイルドシートがついていない場合は、その車に子供を乗せて運転してはいけないので、車から降ろされてしまいます。

私の友人がそうでした。
車から降ろされて、一旦チャイルドシートを取りに行って戻ってこなければならなかったそうです。

Sponsored Link

違反時に免除はある?

childsheet2

チャイルドシートを取り付けするのが困難な場合

座席にシートベルトがない車種などで固定できない場合や、乗車人数が多く(定員の範囲内で)チャイルドシートが取り付けできない場合などは免除になります。

体調不良などの場合

また、体調不良などで病院などへ緊急で搬送しなければならない時や、怪我などでチャイルドシートに乗せることが困難な場合も免除になります。

バスやタクシー

バスやタクシーは着用しなくてもよいですが、子供の安全を考えるとチャイルドシートを着用したほうがよいため、タクシーの場合はチャイルドシートのある車両がないか問い合わせてみるとよいでしょう。

着用が困難な体型の場合など

他にも著しいほどの肥満でチャイルドシートを着用できない場合も免除されます。
また、6歳未満でも140cm以上の身長があればシートベルトで対応できるため、免除されます。

すぐにお世話をする必要がある場合

授乳やおむつ交換なども免除されるようですが、走行中の車内ではやはり危険なことに変わりありませんから、できるだけ停車しましょう。

免除にならないのは?

旅先などの場合

ホテルや旅館の送迎車レンタカーは着用しなければなりません。
事前に確認しておきましょう。

知人の車などの場合

帰省時の実家の車や友人の車でも着用は義務です。

また、運転者が減点されますので、友人や家族に迷惑をかけることになります。

コンパクトなタイプを一つもっておくと安心

私は友人に乗せてもらう時や、友人の子供を乗せるときのために、コンパクトなタイプのチャイルドシートを持っています。
1歳頃から使えて、小学生くらいまで使えるタイプのものを購入したので、そういったものを持っておくと安心ですね。

写真の手前側の赤いものが1歳頃から小学生まで使えるものです。
商品名はファンキッズです。
新品でもそんなに高くないですがオークションなどでも安く購入できるので、本当におすすめですよ。

childsheet

クーファンは?

また、クーファンも固定できないため、事故時に車外放出などの危険があり、免除になりません。

幼稚園・保育園の通園バスは?

幼稚園や保育園のバスはチャイルドシートをつけなくてもよいような比較的安全なつくりになっているようです。
何かあった時にすばやく降りるためにはそのほうがよいということを聞いたことがあります。
ただし、保育園の場合、乳児を預ける時はチャイルドシートで対応してくれるところもあるようですが、その人数が限られているため、早めに申し込んだ方がよい場合もあるようです。

さいごに・・・

抱っこひも3

チャイルドシートは6歳未満の子供に着用するのは義務ですが、チャイルドシートを嫌がる子供は多いですね。
私自身運転しているとそういう場面をよく見かけます。

でも、どんなに泣いても、事故が起きた時の危険を考えれば絶対にチャイルドシートをはずすべきではありません。
自分がどんなに気をつけていても、相手が突っ込んでくることもあります。

免除の場合でもやはり、事故が起きた時に体を固定していない限り車外へ放出される危険はあるのです。

また、チャイルドシートを嫌がるからと幼児に大人用のシートベルトをしているという人も本当によく見かけます。

シートベルトを着用しないよりはましですが、やはり小さな子供は事故の際に大人用のシートベルトでは首がしまったりすることもあります。

大人用のシートベルトは140cm以上が対象です。
チャイルドシートの着用は6歳までとはいえ、140cm未満の場合、シートベルトでは危険です。
身長が140cmに達しない場合はジュニアシートを使用するべきです。

かわいい子供たちを守るため、しっかりとチャイルドシート、ジュニアシートを着用しましょう。
byさっちん

Sponsored Link


関連記事はこちら