ポケットティッシュはそのまま持っててもいいんですが、手作りのティッシュケースに入れると、愛着も出て、すぐなくしてしまいがちなティッシュも大事に使えますよね。

今回は少しの布で超簡単にできるポケットティッシュケースの作り方をご紹介したいと思います。画像や動画で作り方をご説明しますので、初めて手作りをするという方でも安心!簡単に作れます。

最後にかわいいアレンジ方法などをご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

ポケットティッシュケース作りに必要なもの

  • ポケットティッシュ
  • まち針
  • ミシン
  • はさみ

関連記事)子供用ハンカチ&ティッシュケースの作り方(動画有り)

子供用のティッシュケースを手作りしよう!

ママ Aさん
子供が小学校に持って行くポケットティッシュをすぐなくしてくるんですが、落としても自分のものと分かりやすいようにティッシュケースを作りたいと思っています。簡単な作り方はありますか?
先輩ママ Bさん
少しの布で超簡単に作れるティッシュケースの作り方をご紹介します。

STEP①布を表にして広げる

case①

布を表にして広げましょう。

STEP②ティッシュを置き、左側の布をティッシュの中央に揃えて折る

case②

布の上にポケットティッシュを置き、左側の布をティッシュの中央に揃えて折りましょう。

STEP③まち針で止める

case③

②で折った布をポケットティッシュの脇でまち針で止めておきましょう。

STEP④反対側の布をかぶせるように引っ張る

case④

反対側の布をポケットティッシュに被せるように少し引っ張ります。

ティッシュケースの形が決まりますので、しっかりフィットするようにしましょう。

STEP⑤反対側の布を少し布に被せるように折る

case⑤

反対側の布を少し③で折った下の布に被せるよう、ポケットティッシュの中央より少しずらして折りましょう。

STEP⑥端を揃える

case⑥

両端をしっかり揃えておきましょう。

STEP⑦まち針で止める

case⑦

まち針で止めて固定しておきましょう。

STEP⑧ティッシュを抜いて、縫い代を1cmとる

case⑧

ティッシュを抜いて上に置き、縫い代を左右に1cmずつとるようにしましょう。

STEP⑨いらない部分を切る

case⑨

⑧で縫い代をとった余りのいらない部分をはさみで切りましょう。

STEP⑩端を縫う

case⑩

端をミシンで縫いましょう。

手縫いでも出来ます

STEP⑪反対側も縫う

case⑪

反対側も同じように縫いましょう。

STEP⑫裏返す

case⑪

穴から布を引っ張り出し裏返しましょう。

STEP⑬ティッシュを入れたら完成

case⑬

ポケットティッシュを中にいれたら完成です。

Sponsored Link

{動画}子供用のティッシュケースを手作りしよう!

「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」

関連記事)入学準備!手作りしよう!巾着袋の作り方(動画有り)

アレンジ方法のご紹介

先輩ママ Bさん
更に可愛くするアレンジ方法をご紹介します。

アレンジ①レースやリボンをつける

端やティッシュの取り出し口にレースやリボンを付けても可愛いでしょう。

アレンジ②イニシャルや名前を刺繍

イニシャルや名前を刺繍すると、落としても自分のものだとすぐ分かって見つけやすいでしょう。

アレンジ③可愛いキャラクターや動物をつける

フェルトで、ティッシュの取り出し口を動物やキャラクターの口に見立てて可愛くしましょう。

case arange

ママ Aさん
ありがとうございました。すごく簡単で、アレンジすると更に可愛く、これなら子供が落としても見つけやすく安心です。

関連記事)幼稚園の入園準備に!刺繍で名前付け 初心者でも動画でばっちり!

最後に

いかがでしたでしょうか?同じ物を持っている子が多いポケットティッシュですが、手作りケースに入っていると自分のものだと分かりやすく、落としても発見されやすく安心です。

うちの子もしょっちゅうティッシュを落としてなくしてくるため、あまり使わなくても何度も何度も買い足すはめになっていましたが、手作りティッシュケースを持たせるようになったら、落としても周りのお友達が「これ○○くんのでしょ」と気付いてくれ、ティッシュをなくさなくなりました

超簡単に作れるので、ミシンを持っていない方もミシンで縫うところを手縫いでも出来ます。ぜひ入園入学準備グッズとして1つ作ってみて下さい。

Sponsored Link


関連記事はこちら