今回は、幼稚園や保育園、小学校などにも持って行けるティッシュケースの簡単な作り方画像と動画で分かりやすくご説明したいと思います。
ティッシュが入るだけではなく、ミニポケットが付いているので、ハンカチ、エチケット袋や薬入れとしてもとっても便利です。

入園、入学準備の時などに布物作りで余った布で作ってみてはいかがでしょうか。バッグや巾着袋とおそろいだと愛着がわきますよ。

Sponsored Link

ポケットティッシュケース作りに必要なもの

  • 長方形の布
  • ティッシュ
  • まち針
  • ミシン
  • はさみ
  • スナップボタン

関連記事)幼稚園の入園準備に!刺繍で名前付け 初心者でも動画でばっちり!

ポケットティッシュケースの作り方

ママ Aさん
ポケットティッシュケースってどうやって作ればいいか分からず、今まで手が出なかったんですが、裁縫の苦手な私でも作れますでしょうか?
先輩ママ Bさん
縫うのは二カ所!布を折っていくだけで簡単に作れます。作り方をご説明致します。

STEP①ティッシュを置いて両端を2~3cmとる

thissyu①

表に向け、横にした布にティッシュを縦に置き、両端を2~3cmとり、余った部分は切り取りましょう。

STEP②右の布をティッシュに被せて折る

thissyu②

右の布をティッシュに被せ、ティッシュの中心に合わせ、半分に折りましょう。

STEP③折った布のティッシュの両端をまち針で止める

sthissyu③

②で折った布のティッシュの両端をまち針で止めましょう。

STEP④ティッシュを外し布の上に置く

thissyu④

ティッシュを外し、右端に合わせ布の上に置きましょう。

STEP⑤ティッシュを最初の位置から5回転する

thissyu⑤

ティッシュを端から布につけて回し、5回転する。

STEP⑥ティッシュの左端をつまむ

thissyu⑥

⑤の場所から左側の布をティッシュに被せるようつまみます。

STEP⑦ティッシュの中心に布を合わせて左端を切る

thissyu⑦

ティッシュの中心に⑥でつまんだ布を合わせて折ります。

まち針でティッシュの両端を止め、ティッシュを抜き取ったら、左端の余った布をティッシュからはみ出した部分を切りましょう。

STEP⑧広げたサイズ(広げないでください)サイズのご説明

thissyu⑧

広げた時のサイズが、今回のティッシュの大きさだと、15cm×60cmになります。

ティッシュの形、サイズによって変わります

STEP⑨今の形

thissyu

裏返すとこのような形になっています。

STEP⑩右に合わせティッシュを置く

thissyu⑩

右に合わせティッシュを置きましょう。

STEP⑪ティッシュに左の布を被せる

thissyu⑪

ティッシュに左の布を折るように被せましょう。

STEP⑫端をまち針で止める

thissyu⑫

 

⑪で折った部分の右端をまち針で止めましょう。

STEP⑬裏返す

ティッシュ⑬

裏返しましょう。

STEP⑭まち針を外し、内側に折り、まち針で止める

thissyu⑭

まち針をした部分を外し、内側に半分に折りこみ、まち針で止めましょう。

右側も同じようにします。

STEP⑮赤線部分を縫う

thissyu⑮

赤線部分ミシンで縫いましょう。

(ミシンがない場合は手縫いでもかまいません)

STEP⑯穴から引っ張り表に返す

thissyu⑯

穴から引っ張り表に返しましょう。

STEP⑰ティッシュを入れてみる

thissyu⑰

ティッシュを入れてみましょう。

STEP⑱蓋にボタンを付ける

thissyu⑱

蓋になる部分にボタンを付けましょう。

STEP⑲完成

thissyu⑲

ティッシュケースの完成です。

STEP⑳ポケットも付いています

thissyu⑳

ポケットも付いているので小物も入れられます。

Sponsored Link

{動画}ティッシュケースの作り方

「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」

先輩ママ Bさん
表に、リボンやレース、可愛いボタンを付けても良いでしょう。

関連記事)

最後に

いかがでしたでしょうか?折ったり畳んだりを繰り返し縫う部分はほんの少し!簡単なポケットティッシュケース作りですが、ついつい粗末にしがちなポケットティッシュも、ケースに入っていたら大事に使ってくれるでしょう。ポケットティッシュはそのまま持って行ってもいいんですが、手作りケースに入っていると可愛く、落とした時も自分のものだと分かりやすくていいですよね。

Sponsored Link


関連記事はこちら