幼稚園の持ち物の名前付けを刺繍でやってみたいんだけど、私にもできるかな・・・?

ちょっと刺繍ができたら、小物に自分流にアレンジなどが広がり素敵ですよね。

子供の幼稚園保育園、学校のグッズに刺繍をしワンポイント飾りつけを施したり、名前を刺繍したり。

簡単に初心者でもできる刺繍のやり方を説明します。

画像や動画もあるので安心ですよ♪

今回紹介するステッチは、

  • チェーンステッチ
  • フライステッチ
  • レゼーデージーステッチ(お花)

ぜひ挑戦してみてください。

Sponsored Link

刺繍に必要な材料

まずは必要な材料から!
  • 刺繍糸
  • 刺繍枠
シンプルになりがちな子供の幼稚園グッズにちょっと刺繍をしてみたいんですが、初心者でもできますか?
もちろん!
初心者でもわかりやすく説明します。

関連記事)名前付けを刺繍で!手縫いの方法を画像と動画で紹介♪入園準備に

刺繍のやり方(チェーンステッチ)

STEP①縫い始める位置の裏から針をさす

チェーンステッチ①

糸を玉止めし、縫い始める位置の裏から針をさしましょう。

STEP②縫い始めの場所に針をさす

チェーンステッチ②

①の縫い初めの場所に針をさします。

STEP③2.3mm先に針を出す

チェーンステッチ④

2.3mm先に針を出しましょう。

STEP④③の針に糸をかける

チェーンステッチ④

③の針に糸をかけましょう。

STEP⑤糸を引っ張る

チェーンステッチ⑤

糸を引っ張ると、輪っかに糸が通った形になります。

STEP⑥針を出した所に針をさす

チェーンステッチ⑥

繰り返しになります。針を出した所に針をさしましょう。

STEP⑦繰り返し

チェーンステッチ⑥

②~⑥の繰り返しとなります。

針を出した所に針をさす→2.3mm先に針を出す→糸をかける→引っ張る。

STEP⑧チェーンステッチの完成

チェーンステッチ 完成

名前の通り、チェーン状になったステッチの完成です。

刺繍のやり方(フライステッチ)

STEP①縫い始める位置の裏から針をさす

フライステッチ①

玉止めし、縫い始める位置の裏から針をさしましょう。

STEP②糸を出した横から針をさし、①と刺した針の間に針を出す

フライステッチ②

縫い始めの位置のから針をさし、①とさした針のから針をだしましょう。

STEP③2mm先に針をさす

フライステッチ③

②の針を、手前の糸を下にし、2mm先にさしましょう。

STEP④VまたはYのような形に

フライステッチ④

③の何mm先にさすかによって、Vに見えたり、Yに見えたりします。

STEP⑤VまたはYの右上から針を出す

フライステッチ⑤

VまたはYの右上の部分から針を出しましょう。

STEP⑥繰り返し

フライステッチ⑥

②~④を繰り返しましょう。

針をだした右から針をさし→斜め下から針を出す→糸を下に→2mm先に針をさす。

STEP⑦フライステッチ完成

フライステッチ⑦

vvvvもしくは、YYYYというような形になったら完成です。

Sponsored Link

刺繍のやり方(レゼーデージーステッチでお花)

STEP①縫い始める位置の裏から針をさす

レゼーデージーステッチ①

玉止めし、縫い始める位置の裏から針をさしましょう。

STEP②縫い始めの位置に針をさす

レゼーデージーステッチ②

①の縫い初めの位置に針をさしましょう。

STEP③3mm先に針を出す

レゼーデージーステッチ③

3mm先に針を出しましょう。

この時、針の下に糸を通しておいてください。

このmm幅が花びらの大きさになります。

STEP④間に糸を挟み、針をさす

レゼーデージーステッチ④

③で出した針の下に糸を挟み、糸を捕まえるように、針をさしましょう。

これで花びらの1つのできあがりです。

STEP⑤繰り返し

レゼーデージーステッチ⑤

花びらの幅(間隔)を決め、①~④の繰り返しです。

針を出す→同じ位置に針をさす→3mm先に針をさす→糸を挟む→針をさす。

STEP⑥レゼーデージーステッチのお花の完成

レゼーデージーステッチ完成

5個、6個と同じように繰り返し、レゼーデージーステッチのお花の完成です。

{動画}「手芸」基本の刺繍の縫い方(ステッチの練習)

動画を合わせてご覧いただくと、またわかりやすいと思います。
「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」
刺繍は繰り返し作業なため、覚えるととても簡単なんです。

最後に

刺繍はとっつきにくく難しそうに感じるかもしれませんが、繰り返しの作業になるため、初めのやり方さえ分かればとても簡単なんです。

刺繍にもたくさんの種類(縫い方)があり、それを組み合わせることによって、豪華な、華やかな刺繍ができあがります。刺繍1つで高級感や温かみも増すので、ぜひこの機会に挑戦してみてください。

難しいと思い込んでた刺繍ですが、私でもできそうで、さっそく挑戦してみようと思います。
ありがとうございました。

Sponsored Link


関連記事はこちら