妊娠中は、普段の飲んでいる薬も、飲んでいいのか赤ちゃんに影響はないのか心配ですよね。私は、頭痛と鼻炎を持っているので、第一子妊娠中、授乳中は非常にきつい思いをしました(^_^;)

できるだけ病気にならないよう注意してても、風邪を引いてしまうこともありますよね。そこで、妊娠中に風邪を引いた場合、赤ちゃんへの影響や飲める薬があるのかお話したいと思います。

スポンサーリンク

妊婦が風邪をひいたら胎児に影響はある?

風邪1

一般的な風邪は、胎児への影響はありません。妊娠中は抵抗力が弱まっているので、風邪を引きやすくなっています。ですので、しっかりと栄養を補って、充分に身体を休めることが大切です。

普通の風邪なら、長くても1週間で治りますが、それ以上に長引いたり、高熱、眠れないほどの咳などがある場合は、早めに受診しましょう。

 

発熱による影響は?

40度以上の高熱が3日以上続くような深刻な状況でない限りは胎児に影響が出ることはありません。しかし、高熱が続くと、羊水の温度が上昇して、胎児に影響を及ぼすこともありますので、高熱が出たら早めに受診しましょう。

また、微熱でも1週間以上続く場合は、風邪ではない別の病気が隠れている場合もありますので、受診することをおすすめします。

咳による影響は?

咳をしたらすぐに早産や流産につながるわけではありませんが、ひどい咳が続くとお腹に圧力がかかり、お腹の張りや破水を引き起こすリスクがあり、早産に繋がる可能性があります。

また、風邪をこじらせて喘息などを引き起こすと、赤ちゃんに十分な酸素が届かず、ママと一緒に赤ちゃんも酸欠状態になり、流産の可能性が高まりますので、ひどい咳が続く場合も早めに受診しましょう。

 

ママ Aさん
受診する時は内科ですか?産婦人科ですか?
先輩ママ Bさん
受診するときは、まず、かかりつけの産婦人科に相談しましょう!


スポンサーリンク

風邪薬が胎児に及ぼす影響は?

風邪薬が胎児に及ぼす影響は、妊娠週数によっても変わってきますが、ご自身の判断で市販薬を使うことはできるだけ避けて、かかりつけの産婦人科で処方してもらうのが一番です。

妊娠4週~15週までは、胎児の身体が形成される大切な時期なので、特に薬の服用は注意が必要です。風邪薬によっては、奇形などを引き起こす場合もあります。しかし、4週~15週の時期でも飲める薬もありますので、かかりつけの産婦人科で処方してもらうか、市販薬でどのような種類が飲めるか相談したほうがいいでしょう。

のど飴や葛根湯は妊娠中でも服用できるとされています。しかし、漢方薬ならどれでも大丈夫というわけではないので、ご自身で判断せず、産婦人科に相談するか、お店の薬剤師に相談しましょう。

風邪2

妊婦でも安心な民間療法は?

風邪3

ママ Aさん
薬はやっぱり心配・・・。何か安心な風邪対策はないですか?
先輩ママ Bさん
色んな民間療法があります。症状によって試してみてください

はちみつ大根

咳や喉の痛みを抑える効果があります。作ったシロップをお湯割りにして飲んだり、漬けた大根を塩もみして漬物のように食べます。時間が経つと大根のにおいも強くなり飲みにくくなるので、2~3日で食べきりましょう。

作り方

材料:大根250g程度、はちみつ約150cc

  1. 大根を1cm角のさいの目に切る
  2. 切った大根を蜂蜜に漬ける
  3. 密閉容器で2~3時間程漬けて完成

 

お茶うがい

緑茶のカテキンには殺菌作用があり、ビタミンCは、荒れた粘膜を修復する効果が期待できます。ぬるく冷ましたお茶でうがいをしましょう。

生姜湯

身体を温めて、免疫力を高める効果が期待できます。作り方は、すりおろした生姜(量はお好みで)を、マグカップに入れて、ハチミツや黒砂糖などを入れてお湯で溶かすだけです。

先ほどのはちみつ大根シロップに生姜を入れて飲むとさらに効果がありそうですね!

ハッカ油

喉や鼻水に効果的で、スッとした爽快感が喉や鼻水の不快感を緩和してくれます。ハッカ油を数滴マスクの外側に染み込ませるだけです。

最後に

妊娠中の薬の服用はできるだけ避けたいものです。風邪の引きはじめには、ビタミンCをたっぷり補って、身体を温める効果のある生姜を使った食事や、喉の痛みに効くはちみつ大根などを飲み、充分な睡眠を取ることが重要です。

余談ですが、現在妊娠8ヶ月で、娘からもらった鼻風邪にやられました(;´Д`)鼻のムズムズがひどく、ハッカ油をマスクに付けましたが、マスクの裏側で口に近い所にほんの少し垂らさないと、マスクの上部だと目が痛くなります。あと、鼻のムズムズには、ヴィックスヴェポラップの容器のまま匂いを嗅ぐのもおすすめです。

葛根湯も産婦人科に問い合わせましたが、「服用しても大丈夫です」と言われましたし、ついでにアレルギー性鼻炎などに効く「小青竜湯」も大丈夫と言われました。

また、お部屋を乾燥させないように加湿したり、マスクで喉を乾燥させないなどの対策をとって、早めに風邪を治しましょうね!

by yozayuzu

スポンサーリンク

関連記事はこちら