full moon Eye-catching image

 

満月の日に出産が増える、という噂があります。

潮の満ち引きは月の引力が作用して起こります。

人の体の8割は水分ですから、海と同様に月の引力の影響を受けてもおかしくありません。

同じように、新月や大潮も出産に関係があると言われています。

でも、本当なのでしょうか?
真偽のほどを確かめてみました!

Sponsored Link

満月の夜は出産が増えるってホント?

relationship of full moon and delivery

うちの産婦人科の看護師さんたち、釣り用のカレンダーを持ってるんだって。
へえー、ワイルドな趣味ね。
そうじゃなくて、潮の満ち引きが載ったカレンダーよ。
なんでも満月の日はお産が増えるからだって。

これ、実際に私と友人の間であった会話です。

実際、現場でも「満月の前後はお産が増える」と思われています。

ですが、海外の研究によると

  • 月と出産に関連性はある
  • 月と出産に関連性はない

という正反対の2つの考えが存在します。

月と出産に関連性はあるという意見

アメリカの医学博士であるA・L . リーバーは、著書の中で、

満月の時期や新月の時期は、ほかの時期にくらべて約1割程度、出産が増加する、と述べています。

またこの本の翻訳をおこなった数学者である藤原正彦博士は、日本でも同じような傾向にあることを調査により確認しています。

価格:1,296円

tuki

rakuten

月と出産に関連性はないという意見

一方では、宇宙科学が専門であるカリフォルニア大学のジャンリュック・マーゴット教授によって、こんな研究結果も発表されています。

月と出産は関係がある、とされる報告書の統計には欠陥があり、改めてデータを検証した結果、

「月の満ち欠けと出産や出生率に相関性はない」

という内容を含む論文を発表しています。
(Nurs Res. 2015 May-Jun;64(3):168-73)

このように研究でも2つの異なる考えがあり、明確な答えは出ていない、というのが現状です。

しかし今も日本の出産現場において、看護師さんや助産師さんによる「満月の日は出産が増える」という考えは、広く信じられています。

出産の現場などの意見を少し紹介してみましょう。

現場の意見ですね!

産科の実習でも使われるんですね、月の満ち欠けカレンダー。

スーパームーン!
特に多くなりそうですね。

一方では関係ないという意見も!

産婦人科のお医者さんが迷信だよ、とおっしゃってるんですね。

そういえば今日は満月だった!
と後から関連づけてることもあるかもしれませんね。

https://twitter.com/onpuonpudino/status/832594644311478272

月より気圧の変化が関係ある、ということですね。

というふうに、お医者さんや看護師さん、助産師さんでも意見が分かれるようですが、予定日が迫ってたり超過している妊婦さんにとっては「満月」にもすがりたい気持ちになるのかもしれないですね。

Sponsored Link

新月、大潮と出産の関係は?

full-moon4

同じように新月や大潮とも出産は関係がないと言われています。

しかし、この2つも現場では出産が多いとされる日でもあります。

満月と満月の間隔は約29日。
満月と新月の間隔は約15日になり、その周辺の3日程度を含めると1周期の中の6日は当てはまることになります。
この間にたまたま出産が入ってしまう確率は約20%。

このジンクスは古くからあるので、満月同様「出産が多い」という先入観があるのかもしれませんね。

とはいえ、月は地球の誕生時からそばにあり、常に影響を与え続けています。

地球上に生まれた生命はすべて「月があるのが当たり前」の環境で育ちました。

空気があるのと同じくらい当たり前に存在する月が、私たちの体に何らかの影響を与えていてもおかしくありませんよね。

都市伝説?満月以外にもあった!お産が近くなる出来事!

Jinx of delivery

満月以外にもお産が近くなるといわれるジンクスがありますので、少しご紹介しましょう。

  • 台風が来ると破水が増える
  • オロナミンCを飲む
  • 焼き肉を食べる
  • カレーを食べる
  • ラズベリーリーフティーを飲む
  • 雑巾がけをする
  • ウォーキングをする
  • お迎え棒を試す

 

臨月に入るとどんどん動いてください、と産婦人科で言われることもあると思います。

なので、雑巾がけやウォーキングなどは効果があるかもしれませんね。

満月や新月同様に台風や飲み物食べ物は「たまたま」のことが多いかもしれませんが、予定日が迫ったり過ぎたりして落ち着かない妊婦さんには試してみたいジンクスなのかも!

みなさんはどんなジンクスを試してるんでしょう♪

焼肉・オロナミンCはけっこう実践してる人多いです。

内診、触診の後も産気づくって聞きますね。

気圧にツボ押し、ニンニク、カレーまだまだありますね。

予定日が過ぎそうだったので、ジンクスをかたっぱしから試した!
という友人もいますよ。

関連記事)子宮口を刺激すると陣痛は来る?効果はあるの?痛みは?

最後に

今回の記事をまとめます。
  • 満月の夜は出産が多い、という噂には「関連性がある」「関連性がない」という2つの意見があり、明確な答えは出ていない
  • 新月や大潮も出産とは関係がないと言われている

現在、地球から38万キロの場所にある月。
他の太陽系の惑星の衛星に比べ、母星に対する比率が大きいことでも知られています。

これは、46億年前、地球の元になる惑星に火星サイズの惑星が衝突し、砕け散った破片が地球と月になったから。

できたばかりのころの月は、20万キロの距離にあり、見かけの大きさは現在の400倍。
空いっぱいの月なんて、ファンタジーの世界のようです。

月は現在は約29日かけて地球を一周しますが、当時は10時間程度。
地球の1日はたった5時間。
そして5時間に一度大潮があり、海面の高低差は1kmはあったと考えられています。

すごいですね!

このものすごい潮汐作用が海水の中のアミノ酸をかきまわし、生命の誕生につながったと言われています。

月がなければ私たちは存在しないといっても過言ではないんですね。

by 武藤はづき

Sponsored Link


関連記事はこちら