秋の恒例行事となりつつある“ハロウィン”
おうちを飾りつけたり、仮装をしたりと楽しいイベントですよね♪

あんつぶ
そんなハロウィンにぴったりなかぼちゃの飾りがあるんですよ♡

今回は折り紙でできる立体的なかぼちゃの作り方を紹介します!
“ジャック・オ・ランタン”にそっくりな飾りが簡単にできちゃいますよ。

あんつぶ
一緒につくってみましょう♪
スポンサーリンク

準備するもの

  • かぼちゃ色の折り紙7枚(今回は15cm角を使用)
  • 緑色の折り紙1枚
  • 黒色の折り紙1枚
  • はさみ,のり


スポンサーリンク

立体的なかぼちゃの折り方

立体的なかぼちゃは、伝承折りのふうせん7つを輪に貼り合わせて作ります。
まずはふうせんを7つ作りましょう♪

あんつぶ
ふうせんが7つ折れたら、ステップ⑦に進んでください。

ステップ① ふうせん折り

色のついた面が表にくるように半分に折ります。

ステップ②

さらに半分に折ります。

 

ステップ③

●印の面をやじるしの方に開くように袋折りします。

反対側も同じように袋折りします。

ステップ④

両サイドの角を上の角に合わせるように折ります。

反対側も同じように折ります。

ステップ⑤

両サイドを中心に合わせるように折ります。

反対側も同じように折ります。

ステップ⑥

基本となるふうせんの完成です。

まだ膨らまさないので注意してください。
これを7つ折ります。

ステップ⑦ かぼちゃ作り

息をふきこむ部分が上にくるように置きましょう。
ふうせんの右側、丸で囲ってあるところにのりをつけます。

ステップ⑧

ふうせん同士を貼り合わせます。

7つ全て同じ位置にのりをつけ、貼り合わせていきます。

ステップ⑨

最後に輪になるように貼り合わせます。

上からみるとこんな感じです!

ステップ⑩

のりが乾くのを待つ間に、かぼちゃの顔とヘタを作りましょう。

黒色の折り紙を好きな表情に切りぬきます。

緑色の折り紙は1/4に切った後、下からくるくる巻いて最後にのりづけします。

ステップ⑪

ふうせんに息を吹き込み、ひとつずつ膨らませます。

ステップ⑫

顔のパーツを貼りつけ、ヘタを上部に差し込みます。
形を整えたら完成です!!

あんつぶ
いかがでしたか?

顔の表情や折り紙のサイズを変えて作るのもオススメ♪
いろんなかぼちゃが楽しめますよ。

最後に

7つのふうせんを輪になるように貼り合わせるだけで、ハロウィンにぴったりなかぼちゃの飾りができちゃいます!
立体的に膨らんだかぼちゃは存在感もたっぷりですよ。

 

注意したいポイント
  • 7つのふうせんの向きをそろえること(息を吹き込む部分を上にすると作業しやすい)
  • 全てを貼り合わせてから膨らませること
あんつぶ
ふうせん折りに慣れてしまえば、簡単につくることができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね♪
スポンサーリンク

関連記事はこちら