Pacific saury in baby food Eye-catching image

 

実りの秋を代表する魚といえば…、

“さんま”

ですよね!
脂がのっておいしい“さんま”は、秋の到来を感じさせてくれるのはもちろんのこと、EPAやDHAといった栄養もたっぷりで離乳食にもオススメなんですよ♪

ママ
離乳食に季節感のある食材を取り入れられるといいですよね♡
先輩ママ
ただし、月齢や離乳食の進み具合によってさんまがNGとなる場合があるので要注意ですよ!

そこで今回は

  • さんまはいつから?
  • 水煮缶など缶詰は?
  • 与える時の注意点は?

といった疑問をまとめてみました。
ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

離乳食でさんまっていつから食べさせていいの?

ママ
さんまはいつから食べさせていいの?
先輩ママ
後期(9~11ヶ月)頃からあげられますよ。
脂質が多いので離乳食の初期や中期は与えません。

 

sanma6

 

さんまを与えてもよい時期は離乳食後期(9~11ヶ月)頃となります1

 

初期や中期には向いていない食材になるので注意しましょう!

赤ちゃんの消化器官はまだまだ未発達なため、離乳食は消化の負担が少ない食材から始めるのが基本ですよね。

魚だと、

白身魚(たい・たらなど):離乳食初期からOK

赤身魚(まぐろ・さけなど):離乳食中期からOK

青魚(さば・いわしなど):離乳食後期からOK

の順に進めていきます。

 

離乳食初期から使える白身魚は脂質が少ないのが特徴。
赤身魚、青魚になるにつれて脂質の割合が多くなるので、それぞれ食べさせてもいい時期が異なるんですよ。

先輩ママ
さんまは青魚となり、離乳食後期頃からOK!

さんまは脂質が多いため初期や中期には使えませんが、良質なたんぱく質やカルシウム、脳の発達を助けるEPAやDHAが豊富です。
秋を感じさせる食材でもあるので、後期頃からぜひ離乳食に取り入れてみてくださいね。

 

ママ
どうやって食べさせたらいいの?
先輩ママ
下ごしらえが必要ですよ。
詳しく説明しますね!
この食材はいつから?とお悩みの場合はこちら→【保存版】離乳食のいつからまとめ!食材別で見つけやすい

さんまの食べさせ方は?

さんまは塩味のない生さんまを選びましょう。
小骨があるので三枚におろすか、焼いてから丁寧に取り除きます

sanma2

先輩ママ
お刺身用のさんまを利用してもいいですね!

後期頃(9~11ヶ月)は沸騰した湯で中までしっかり火を通すのがポイント。
細かくほぐしたさんまはパサパサして食べにくいこともあるので、

  • お粥に混ぜる
  • あんをかける
  • トマト煮にする

といいですよ♪

完了期頃(1~1歳6カ月)になれば、

  • 塩を少しふって塩焼きにする
  • みそやしょうゆなどで薄く味付けして煮る
  • 一口大に切ってかば焼き風にする
  • 細かくたたいてつみれにする(卵を混ぜるとしっとりした食感に)

といったメニューもオススメ♡

sanma3

 

もちろん大人用から取り分けもOK!
その場合、塩焼きだと控えめに塩をふって焼いたさんまを離乳食に取り分けた後、大人用にはポン酢をかけるなどアレンジするといいですよ。


スポンサーリンク

水煮缶など缶詰はどう?

ママ
離乳食にさんまの缶詰は使えますか?
先輩ママ
缶詰は賞味期限も長く、すぐに食べられるとあって便利ですよね。
ただし、離乳食に使うには注意が必要ですよ!

 

スーパーなどでよくみかけるさんまの缶詰。
季節を問わず手に入れることができ、かば焼き風のものや水煮缶など種類も豊富にありますね。

sanma4

缶詰は加圧状態で加熱してあるので、骨まで軟らかく調理されているのが特徴。
ふたを開けるだけですぐに食べられるとあって便利なアイテムなんですが、離乳食で使うのには注意が必要ですよ。

 

それは、塩分。

 

ママ
確かに缶詰の味は赤ちゃんには濃すぎる気がします…。 
先輩ママ
そうですよね。
ですが、水煮缶は塩抜きをすれば使うことができますよ!

かば焼き風など味付けされた缶詰は塩分も高く、離乳食には不向きです。
水煮缶も塩で調理されているので塩分が含まれていますが、塩抜きをすれば離乳食でも使うことができます

 

水煮さんまの塩抜き方法
  1. 汁気をきった水煮さんまの上から熱湯をかけ回して塩抜きしましょう
  2. 軽くほぐして小骨を取ります

 

塩抜き後は野菜とあえたり、お粥に混ぜたりするのがオススメです。
必ず味見をして、塩味が濃すぎないかどうか確認してくださいね。

ツナ缶についての記事はこちら→離乳食でツナ缶っていつから使える?

さんまを与える時の注意点は?

先輩ママ
さんまを与える際に注意したいことは2つ。

アレルギー

さんまを初めて与える時に注意したいことは、やはりアレルギー。
加工食品のアレルギー表示対象である27品目には含まれていないものの、アレルギーの原因として紹介されています

 

そのため、まずは少量から始めて赤ちゃんの様子を気にかけておきましょう。
蕁麻疹や嘔吐などの症状がみられた場合に備えて、かかりつけの小児科が開いている時間に食べさせると安心です。

ヒスタミン食中毒

さんまを含む青魚にはヒスチジンというアミノ酸が多く含まれています。
青魚を常温で放置していると、このヒスチジンが細菌(ヒスタミン産生菌)によってヒスタミンに変えられ、蕁麻疹や吐き気といったアレルギー様の食中毒を起こしてしまうんです2

先輩ママ
加熱してもヒスタミンが減ることはありません。

ヒスタミンによる食中毒を防ぐためにも、さんまは新鮮なものを選び、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

 

sanma

参考:1)離乳食大百科(日本文芸社 2011年6月発行) 2)ヒスタミンによる食中毒について

最後に

さんまは良質なたんぱく質やカルシウム、脳の発達を助けるEPAやDHAが豊富な魚。
秋を感じさせてくれる食材でもあるので、離乳食にもオススメですよ♪

ただし脂質が多いので、離乳食初期や中期は不向きです。
後期後期(9~11ヶ月)頃を目安に使ってみましょう。

さんまを与える際に注意するポイント
  • 塩味のない生さんまを選び、三枚におろすか、焼いてから小骨を丁寧に取り除く
  • パサパサして食べにくいときは、野菜とあえたり、お粥に混ぜるとよい
  • 水煮缶を使用する場合は熱湯をかけて塩抜きをする
  • アレルギーを起こすこともあるので、初めは少量を診療時間内に与える
  • 食中毒を防ぐためにも新鮮なものを選び、冷蔵庫で保管する

 

先輩ママ
さんまはメニューの幅も広く、幼児食になってもアレンジしやすい食材です。
この機会にぜひ離乳食に取り入れてみてくださいね。
スポンサーリンク

関連記事はこちら