みなさんは、牛乳を飲み終わった後、空になった牛乳パックをどうしますか?
資源ごみに出す方、捨ててしまう方、再利用される方、様々だと思います。

そんな牛乳パックですが、資源としてリサイクルされるぐらい、実は優れたモノなのです。
紙でできているのにも関わらず、その頑丈さは誰でも認めますよね!

今回は、その牛乳パックを使って、子供のおもちゃを作ってみませんか?
作り方を紹介するのは、『パッチンガエル』です。
名前を聞いただけでは、ピンとこない方もいるかと思いますが、『牛乳パックと輪ゴムを使ったおもちゃで、ぴょんと跳ねるモノ』と言えば、ピンとくる方も多いのではないでしょうか?
誰もが1度は子供の時に作った事があると思います。

牛乳パックと輪ゴムがあれば、5分程度で簡単にできますので、是非作ってみてください。

Sponsored Link

パッチンガエルを作る為に必要な物

・牛乳パック(切り開いていない物)
・輪ゴム
・はさみ(カッターでも可)

pattinnkaeru-zairyou

 

パッチンガエルの作り方

1.牛乳パックの底の部分を切り取る。

pattinnkaeru-tejun1

pattinnkaeru-tejun1-1

2.ペタンと畳んで、切り取った方の側面(底)を綺麗に切る。

pattinnkaeru-tejun2

3.端(底)から6cm切り取る。

pattinnkaeru-tejun3

4.手順3で切り取った部分の両側面の真ん中に、数ミリの切り込みを入れる。

pattinnkaeru-tejun4

5.輪ゴムをかける。
手順4で切り込みを入れた部分にしっかりかける。
輪ゴムをかけられたら完成です。

pattinnkaeru-tejun5

輪ゴムと牛乳パックだけでできてとても簡単ですね(^O^)

Sponsored Link

パッチンカエルで遊んでみよう!

輪ゴムがピンッと張るようにペタンと畳み、床やテーブルに置いて、指を離します。
意外と高く跳ぶので、子供も喜ぶと思います。

 

最後に

我が家でも、子供達に作ってあげたらすごく喜んでました
1つ作ったら、喧嘩になったので、人数分(3つ)作りました。
牛乳パック1つで3つ作る事ができます。

1歳になる息子は、自分ではうまくできませんがやろうとします。
輪ゴムを張らず、そのまま抑えつけるので、跳ぶ訳がありませんね。
でも、そんな姿もまた可愛く思えます

5歳と3歳の娘たちは、2人でどっちが高く跳ばせるか競争してました
私たち大人は、『机や床で跳ばす物』と思っていますが、我が家の子供達は、手の上で跳ばしてみたり、座っている弟の頭の上で跳ばしてみたり…と想像つかない遊び方をしてました。

パッチンカエルを作るのに、特別な材料はありません。
逆を言えば、牛乳パックと輪ゴムさえあれば、いつでも簡単に作る事ができます

パッチンカエルは、お金も時間もかからず、子供が喜ぶ簡単な手作りおもちゃです。
簡単なおもちゃですが、子供にとって『簡単』は関係ありません。

是非、作ってみてください!

 

by 清海

Sponsored Link


関連記事はこちら