子供が産まれるし、車を子育てしやすい車に買い替えたいな。
そうだね~。子供って予想外のことするだろうしね。でも、どんな車がいいんだろうね?
子供がいる友達にタントがいいって聞いたよ。
CMでも子育て車としておすすめってやってるもんね。でも、実際どうなんだろうね?
う~ん・・・

 

車を買い替える時っていつでしょう?我が家は、2人目の子供が産まれるにあたり買い換えました。

それまでは、普通車に乗っていたんですが、子供が車のドアを走行中に開けてしまったこと1度や2度ではなく・・・駐車場でドアを開ける際に隣の車に当たりそうになったことも。チャイルドロックをしたらしたで、中からは開けられないもののグルっと回ってドアを開けてやらなければならず、雨の日等かなり苦労してたんです。それ以外にも困ったことが色々・・・。

そこで我が家は子育て車としてタントに買い替えしました!今回は・・・

  • タントがおすすめな理由
  • 子育て車の選び方
  • タント利用者の声

ということを実体験を含めお話したいと思います。

Sponsored Link

タントはどうして子育て車としておすすめ?

ママ
子供が産まれるにあたり車の買い替えを検討してます。そこでCMで目にするタントが気になってるんですが実際どうなんでしょう?
先輩ママ
タントには子育て車としておすすめなポイントが盛りだくさんなんです。ご説明しますね。
  • スライドドア
  • スライドドアの窓が半分しか開かない
  • 高さがある
  • 乗り降り楽チン
  • 後部座席が動かせる
  • 軽なのに中が広い
  • 収納がたくさん
  • 助手席がテーブルに
  • 運転しやすい

 

スライドドア

tanto

スライドドアだと、子供を抱っこしたままボタン一つで開閉できるのがうれしいですよね。うちは片側スライドドアにしているので、路肩に駐車した際、道路側に当たる右側ドアはチャイルドロックで内側から開かないようにしてて、子供は左側のスライドドアからしか乗り降り出来ないのがすごく助かってます。真ん中に邪魔な柱がないのもいいんですよね。

tanto

車のドアで怖いのが指詰め普通のドアの時、子供が指を詰めそうになったことがあったんです。でも、タントのスライドドアは、タッチすると閉まってる途中でもまた開く仕組みに。指詰め防止機能が付いているんです。

tanto

子供は後部座席に乗ることが多いですよね。窓を開けたがるんです。そして、身を乗り出そうとするので危険。だけど、タントのスライドドアの窓は半分しかウィンドウが降りないんです。なので「ばいば~い」って手を振りながら、落ちるから危ないという低さまで窓が開かないこの機能、けっこう役立ちます。

後部座席

tanto

高さがあるから子供が車内で立っても大丈夫で、楽チン乗り降りできるのもおすすめなんですが、後部座席を前後に動かすことも出来るんです。小さな子がいる場合、運転席のママから手が届くのは嬉しいポイント。

そして、座席を前に動かせば、その分トランク部分が広くなるのもうれしいですよね。

先輩ママ
軽は荷物が乗らない?そんなことないんです。

tantotanto

ちなみに、ベビーカーを縦に乗せることも横に寝かせて乗せることもどちらも可能でしたよ。(ベビーカーによる)

収納

tanto

運転席の前にティッシュ入れがあるのは本当助かります。「ママジュースがこぼれた~。」って突然言うことよくあるんです。ここにティッシュがあると普段は邪魔にならず、必要な時にサッと取って渡せるんです。

tanto

その他にも収納がいっぱい。我が家ではCDやDVDをたくさん収納でき助かってます。

tanto

肘置き部分も収納に。ここにはウエットティッシュやお菓子なんかを収納し、必要な時に取り出して後部座席の子供達に渡しています。

助手席

tanto

助手席を倒せば、テーブルとして使えるのもうれしいポイントです。お昼ご飯を外で食べようとしたものの、急な雨に合い急遽車内へ逃げ込み、助手席を倒してテーブルにして車内で昼食を・・・ということも何度かあり役立ちました。

tanto

そして、助手席の背にフックが付いていて荷物を掛けられるようになってるのも助かるポイントです。

運転しやすい

tantotanto

そして、車の基本となる運転のしやすさも抜群。シート位置が高いので前が見やすく、サイドにも窓があるので、視界がクリア。これだと車内で騒ぐ子供を気にしながらも運転、気を付けることができるんです。

Sponsored Link

そもそもどういうとこに注意して選ぶ?

ママ
そもそもですが、子育て車ってどう選ぶべきなんでしょうか?
先輩ママ
以下のポイントを参考に選んでみてはいかがでしょうか?
  • 大きさ
  • 使い道
  • 予算

大きさ

まずは、子供の人数に応じて車の大きさを選びましょう。子供が2人までなら軽自動車でOKですが、それ以上となると、6歳まではチャイルドシートが義務化されていますし、狭くなります。

使い道

基本的に誰が乗ることが多いのか?何用として使うのか?目的を考えましょう。遠出が多いばあいは、広く燃費も良い車がおすすめですが、普段ママが買い物等に乗るのを主としてる場合は、小回りの利く小さな車の方が便利です。

予算

上記の事を考慮したうえで、最終的には予算ですよね。車の値段ももちろんですが、税金、保険、車検代等、車によって異なって来ますからね。
関連記事)車の「赤ちゃんが乗ってます」ステッカーは必要?意味は?

タントは実際どう?!皆の声

ママ
気になるのは利用者の声です。実際どうなんでしょう?
先輩ママ
利用者の声をご紹介します。

tanto

先輩ママ
代車でタントに乗り、その快適さに魅了されタントに乗り換えるという人も。

私自身、タントにして良かったと思っています。なぜならばタントにして悪かった理由が1つもないんです。快適ルンルンです♪

ママ
魅力的ですね。参考になりました。

関連記事)車のチャイルドシートはいつまで?

最後に

いかがでしたでしょうか?子供ってすぐシートを汚しちゃうので、私はカバーを手作りしてるんですが、人気のタントはシートカバーも充実してて多く販売されてるんですよ。それも人気車ならではですよね。子供がいたらとにかく汚す・・・そうなるとカバーの洗い替えも必要で、かわいいカバーが多く販売されてるのはうれしいですよね。

燃費も新型車は改善されていて、家計にも優しいタント、おすすめですよ♪

byちゃあ

Sponsored Link


関連記事はこちら