妊娠中の自転車ってどうなの?

妊娠中は体の変化と共に生活をするうえでいろいろと制約が出てきます。その制約の代表と言えば自転車ではないでしょうか?

私も妊娠中は自転車に乗りたいな・・・・と思うことが何度かありました。ですが切迫流産などもあった為、妊娠中は自転車には乗りませんでした。

ですが意外と平気で乗ってしまうママも多いですよね。幼稚園の送り迎え通勤に使うなどどうしても乗らないと不便という方も意外と多いんです。

実際のところどうなんでしょうか?自転車は妊娠中は乗るべきではないのでしょうか?迷っているママもきっと多いことでしょう。

そこで今回のお話しは妊娠中に自転車に乗ってもいいのか?というお話しです!詳しい内容はこちらです!

  • 妊娠中に自転車に乗ってはいけない理由は何?
  • 妊娠中の自転車はいつまでいいのか?
  • 経験者の声を集めました!

今回の記事はこのような話題です!それでは始めます!

Sponsored Link

妊娠中に自転車に乗ってもいい?だめと言われる理由から考えてみた

先輩ママ
はっきりした理由はありません。

ninpu

妊娠中の自転車には答えはない!

妊娠中の自転車は産婦人科の先生によっても考え方がいろいろあり、初期はもちろん後期まで乗ってはいけないという意見から「デコボコ道でなければ乗っても構わない」という先生もいますし、「長時間でなかったら問題ない」という先生もいます。また「自転車は足腰を鍛えるから良い」という意見もあります。本当に人それぞれですね!

乗ってはいけない理由から考えてみた

ママ
ではどうして妊婦は自転車に乗ってはいけないといわれるの?
先輩ママ
このような理由からです。

 

  • 妊娠中はホルモンバランスが変化し、体調不良を起こしやすいため
  • 集中力散漫になりやすく、事故をおこしやすい
  • 振動が刺激になってお腹が張りやすくなる
  • お腹が大きくなるとバランスがとりにくくなる
  • サドルからの圧迫によって骨盤が歪み、早産や難産、便秘などが起こりやすくなる
先輩ママ
以上の理由から、乗らないほうが良いと言われます。

切迫流産などで安静にと言われていなければ、これらの点に注意して乗ればOKということですね。でもいくら注意していてもバランスを崩したり、集中力が散漫になってしまって事故を起こしたり転倒して流産になる可能性もあるので極力乗らない方がよさそうです。

Sponsored Link

妊娠中の自転車っていつまでOK?時期別リスクと注意点

ママ
妊娠中の自転車っていつまで大丈夫ですか?
先輩ママ
時期別に見てみましょう。

自転車

妊娠初期

先輩ママ
初期は体調が安定しないことが多いです!
この時期の特徴

この時期は一見妊娠したとわからない時期で、本人さえも気づいていないことがある時期ですが体の中は大きく変化していく時期でもあります。またこの時期は流産の可能性が最も高い時期でもあります。

自転車に乗るときの注意
先輩ママ
このようなことに注意しましょう。
  • サドルは両足が付くように低くする
  • デコボコ道や混雑している道路は避ける
  • ゆっくりと走る
  • 天気が悪い日、暑すぎる日や寒すぎる日は乗らない
  • 体調が悪い時は乗らない
  • 長距離は乗らない

妊娠中期

先輩ママ
この時期は積極的に動きたくなる時期ですね!
この時期の特徴

この時期はいわゆる安定期と呼ばれる時期で、マタニティヨガやプールなどの運動を行っても良いとされている時期です。

ですがこの時期はお腹が大きくなってくるため、自転車に乗るとバランスを崩しやすくなったり、お腹が苦しくなってくる時期でもあります。

この時期の注意

初期の時からの基本的な注意事項を守り、無理せずに自転車を利用しましょう。

妊娠後期

先輩ママ
この時期はいつ産まれてもおかしくない時期ですね。
この時期の特徴

この時期になるとお腹もかなり大きくなり、ほとんどのママは自転車に乗るのを諦める頃でしょう。実際この時期になると子宮が下がってきて赤ちゃんの頭がサドルのすぐ上に来るようになりますので赤ちゃんの為にも乗らないほうが良いでしょう。

注意

どうしても乗りたいなら初期のころからの注意事項を守り、転倒などに注意しましょう。

経験者の声を集めてみました

ママ
みんなはどうだったのかな?
先輩ママ
先輩ママの声を見てみましょう。

ninhu

私は仕事で9か月まで片道50分ぐらい乗っていました。私は楽だったので良かったです。でも周りは見てて怖いらしく、主人からは止められましたね。

 

ママ
これは怖い・・・
先輩ママ
さすがにこれは心配ですね。
私は妊娠が解った時から乗っていませんでした。買い物に行くときはカートを持って行きました。
ママ
これが一番安全な選択ではあるわよね。
先輩ママ
そうですね。
実は私は7か月まで妊娠に気が付かず、ジェットコースターも乗り放題でしたし、自転車も乗っていました。でも大丈夫でしたよ!
ママ
こういう人もいるのね!

 

先輩ママ
ちょっと珍しいですね。
私の友人は2人目を流産しました。自転車が原因だと言っていました。振動が良くないようですね。
ママ
こういう人もやっぱりいるのね・・・

 

先輩ママ
そうですね。
私は臨月直前に自転車に乗り、そのまま破水し、入院しました。1か月の早産になってしまい、未熟児として生まれましたが今は至って健康です。
ママ
なるほどね。
先輩ママ
ほんといろいろですよね。

まとめ

先輩ママ
今回のお話しをまとめます。
  • 妊娠中に自転車にのることは禁止ではないがリスクがある
  • 妊娠初期は流産しやすい時期でもあるので、凹凸の少ない道を選ぶ
  • 妊娠中期はお腹が大きくなってくるのでバランスを崩さないように気をつけて
  • 妊娠後期はできるだけ乗らないほうがよい
  • 自転車が原因と思われる流産や早産を経験した人もいる
  • 最後は自己責任で乗る

いかがでしたか?今回のお話しは妊娠中の自転車についてのお話しでした。妊娠中は自転車には絶対乗ってはいけないわけではないですが乗るなら何があっても自己責任で乗るということでしょう。

とにかく妊娠中はあなただけの体ではないので無理のないように自転車を利用しましょう。

Sponsored Link


関連記事はこちら